到点『ボビー・フィッシャーを探して』(ボビ探をおすすめ)繋コンボ!

到点

『ボビー・フィッシャーを探して』をおすすめしたい! つなコン

 

『ボビー・フィッシャーを探して』メモ

紹介
・メディア:映画、本。
・ジャンル:伝記、ドラマ、チェス。
・エッセンス:チェス、天才少年、教育、親子、大会。
・制作:映画(1993年 アメリカ)/スティーヴン・ザイリアン。原作本(2014年 邦訳)/フレッド・ウェイツキン、若島正。
・ストーリー:野球が好きな7歳の少年が、公園で行われていたストリート・チェスに魅了され非凡な才能を開花させる。チェスの指導や大会によって、少年の暮らしは大きく変化していく。

随筆メモ
・実在のチェスプレイヤー ジョシュ・ウェイツキンがモデル。その父が原作者。
・一つの才能の萌芽と向き合う大人達。子供を導いているつもりでエゴを押しつけてしまう様など、同じ大人として心が痛む。母親は偉大。
・天才と言っても一人の子供であり、周囲の態度や言動に翻弄され息苦しくなってしまっている様が良く見て取れる。
・抑圧から解き放たれた少年の生き生きとした姿が微笑ましく、美しい。思い込みから脱却し家族関係を再構築した父親にも拍手を送りたくなった。
・ライバルの少年がとても悪役チックで良い。

こんな人におすすめ
・子供らしさが好ましい人。
・家族関係の変化に興味がある。
・才人の人間性に興味がある。
・主義主張の対立が見たい。
・子供の幸せに関心がある。

繋コンボとは

繋コンボとは

つながりコンボ。略して つなコン。
既知の作品を入口として、新たな作品をおすすめする企画。
ジャンルの垣根を越える、越境比較レビュー。


 

名作に触れたい!
はずなのに、中々モチベーションが湧かない……。

そんな貴方に「繋コンボ」を提案させて下さい!

既知の物・身近な物を手掛かりにできれば、縁遠かった物でも興味が湧くはず!
また、好きな物を起点として関連を意識すれば、好奇心やモチベーションの持ち越しもできるかも!

作品鑑賞のスタートダッシュを決めるべし!
自身のやる気を煽り、未踏の領域へ踏み込む勢いを得ましょう。
部分的にでも作品に没頭できたなら、記憶や心に残り易くなります。得るモノが一つでも多く保証されるなら、恐れず新鮮な気持ちで新しい物にチャレンジできるはず!

本コンボは管理人 よしやの主観が基であり、情報の正確さは保証できません。
反面、繋コンボの記事を見れば、コンボ作成者の嗜好や遍歴がある程度確認できます。
他の記事も是非お試しの上、参考にするべき発信者かどうか、ごゆっくりお確かめ下さい。

以下の作品に触れた方へ、『ボビ探』をおすすめしたい! 到点コンボ

四月は君の嘘

繋コンボレビュー(⇒『ボビ探』)
・ストーリーコンボ! 天才の苦悩と挫折と再生と成長。

子供時代の公生に感情移入する人は『ボビ探』も楽しめると思う。

三月のライオン

繋コンボレビュー(⇒『ボビ探』)
・ストーリーコンボ! 天才の苦悩と成長。

天才にだって色々あるよね、というお話が好きな人に『ボビ探』がおすすめ。

ヒカルの碁

繋コンボレビュー(⇒『ボビ探』)
・作風コンボ! ゲームの内容はよく分からないけど面白い!
・ストーリーコンボ! 才能の萌芽。

龍盤七朝DRAGON BUSTER/秋山瑞人

繋コンボレビュー(⇒『ボビ探』)
・ストーリーコンボ! 才能の萌芽、天才の成長と挫折。

『ドラバス』は能動的な天才児の暴走を描いているが、『ボビ探』は受動的な天才児の繊細な心の動きを描いている。
ジャンルも大きく異なるので注意。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『龍盤七朝DRAGON BUSTER』に繋がる作品まとめ(to ドラバス)
>>>繋コンボ・到点『龍盤七朝DRAGON BUSTER』 ~ドラバスをおすすめ~
・『龍盤七朝DRAGON BUSTER』から繋がる作品まとめ(from ドラバス)
>>>繋コンボ・起点『龍盤七朝DRAGON BUSTER』 ⇒おすすめ

よつばと

繋コンボレビュー(⇒『ボビ探』)
・ジャンルコンボ! 子育てが気になる方におすすめ。教訓として。子供と教育者のすれ違い。

『ボビ探』は『よつばと』ほど和やかな作品ではないが、その分カタルシス(精神の浄化)を感じ易い。

うさぎドロップ

繋コンボレビュー(⇒『ボビ探』)
・ジャンルコンボ! 子育てが気になる方におすすめ。教訓として。子供と教育者のすれ違い。

甘々と稲妻

繋コンボレビュー(⇒『ボビ探』)
・ジャンルコンボ! 子育てが気になる方におすすめ。教訓として。子供と教育者のすれ違い。


おわり。
皆様の充実した喜びを願って。

 

タイトルとURLをコピーしました