到点『富士学校まめたん研究分室/芝村裕吏』(まめたんをおすすめ)繋コンボ!

到点

『富士学校まめたん研究分室』をおすすめしたい! つなコン

 

 

『富士学校まめたん研究分室』メモ

紹介
・メディア:小説。
・ジャンル:ものづくり、ミリタリー。
・エッセンス:ロボット戦車、アラサーこじらせ理系女子、成り上がり、恋愛、銃撃戦。
・制作:芝村裕吏、早川書房。
・ストーリー:自衛隊技官の藤崎綾乃は、理不尽なセクハラ騒動で閑職に回されてしまった。彼女は職場への楽しい復讐――ロボット戦車研究に邁進する。

随筆メモ
・知性と意地が織り成すロボット制作物語。
・人間ドラマで作風が軽くなっているけれど、出てくる言葉や物語の背景は結構ヘビー。
・この本に資料性はありません、と著者は後書きでおっしゃっているが、素人目にはリアリティ十分に見える。まめたんの企画過程が細かく、用途に納得がいく。
・悩める理系女性が主人公である所も物珍しくて面白い。

こんな人におすすめ
・ミリタリーオタク。
・ロボットオタク・リアル派。
・自称硬派なオタク。
・設定厨。
・潜在的浪漫主義者。
・科学っぽいモノ好きな人。空想科学。

共感タグ
願い(愛、尊厳、平和)、敬意、期待(未知、成果)、穏和、憐憫
驚き(意外、悲運)、緊張感、解放感、興奮(闘い)、混乱
不安、怒り(理不尽)

繋コンボとは

繋コンボとは

つながりコンボ。略して つなコン。
既知の作品を入口として、新たな作品をおすすめする企画。
ジャンルの垣根を越える、越境比較レビュー。


 

新しい物と出会いたい!
はずなのに、中々モチベーションが湧かない……。

そんな貴方に「繋コンボ」を提案させて下さい!

既知の物・身近な物を手掛かりにできれば、縁遠かった物でも興味が湧くはず!
また、好きな物を起点として関連を意識すれば、好奇心やモチベーションの持ち越しもできるかも!

作品鑑賞のスタートダッシュを決めるべし!
自身のやる気を煽り、未踏の領域へ踏み込む勢いを得ましょう。
部分的にでも作品に没頭できたなら、記憶や心に残り易くなります。得るモノが一つでも多く保証されるなら、恐れず新鮮な気持ちで新しい物にチャレンジできるはず!

本コンボは管理人 よしやの主観が基であり、情報の正確さは保証できません。
反面、繋コンボの記事を見れば、コンボ作成者の嗜好や遍歴がある程度確認できます。
他の記事も是非お試しの上、参考にするべき発信者かどうか、ごゆっくりお確かめ下さい。

以下の作品に触れた方へ、『まめたん』をおすすめしたい! 到点コンボ

攻殻機動隊

繋コンボレビュー(⇒『まめたん』)
・ジャンルコンボ! SF、社会派。
・エッセンスコンボ! タチコマが好きな方に「まめたん」がおすすめ。タチコマのようなキャラクター性こそ無いが、高性能かつリアルな機能。

「9課」の面々とは程遠い、心が不安定な女性主人公。こういう人間味も趣がある。

ダークナイト(バットマン)

繋コンボレビュー(⇒『まめたん』)
・エッセンスコンボ! バットモービルのようなマシンが好きな人におすすめ。自立型ドローン戦車の制作物語。

弱くて賢い裏方達の物語。主役であるバットマンよりはルーシャス・フォックスの方が近しい世界観。

ガールズ&パンツァー

繋コンボレビュー(⇒『まめたん』)
・ジャンルコンボ! ミリタリー。ミリオタにおすすめ。

『ガルパン』とはミリタリーに対するアプローチが異なる。研究者として兵器と向き合う女性主人公。

幼女戦記

繋コンボレビュー(⇒『まめたん』)
・ジャンルコンボ! ミリタリー。
・ストーリーコンボ! 組織管理上の困難。

『幼戦』程に硝煙の香り漂うようなストーリーではないが、軍事的にとても誠実に見える作品。
マッド?もいるよ。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『幼戦』に繋がる作品まとめ(to 幼戦)
>>>到点『幼女戦記』(幼女戦記をおすすめ)繋コンボ!
・『幼戦』から繋がる作品まとめ(from 幼戦)
>>>起点『幼女戦記』(⇒おすすめ)繋コンボ!

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

繋コンボレビュー(⇒『まめたん』)
・ジャンルコンボ! ミリタリー。ミリオタにおすすめ。

映像研には手を出すな!

繋コンボレビュー(⇒『まめたん』)
・ジャンルコンボ! クリエイタードラマ。
・キャラクターコンボ! 対人能力に問題がある主人公。
・エッセンスコンボ! 設定厨やロボ研が好きな人、ミリタリーオタクにおすすめ。

魔法科高校の劣等生

繋コンボレビュー(⇒『まめたん』)
・エッセンスコンボ! 研究者や技師が好みの方におすすめ。

マージナル・オペレーション

繋コンボレビュー(⇒『まめたん』)
・ジャンルコンボ! ミリタリー、現代。ミリオタにおすすめ。
・裏コンボ! 同作者。クロスオーバーする作品なので、ぜひとも併せて読んで欲しい。


おわり。
皆様の充実した喜びを願って。

 

タイトルとURLをコピーしました