到点『ブギーポップは笑わない』(ブギポをおすすめ)繋コンボ!

到点

『ブギーポップは笑わない』をおすすめしたい! つなコン

『ブギーポップは笑わない』メモ

紹介
メディア:小説、アニメ、漫画、など。
ジャンル:現代ファンタジー、SF、群像劇、ライトノベル。
制作:原作小説/上遠野浩平、カドカワ。アニメ/マッドハウス、夏目真悟(2019)。漫画/緒方剛志、高野真之、ワバタヨシヒロ、越水ナオキ。
ストーリー:とある女子高生に、もう一つの人格が表れた。彼の名はブギーポップ。世界の危機を予期する彼は、何らかの義務を果たし、去っていった。そこでは何が起こっていたのか。様々な人の視点から全貌を追う。

随筆メモ
・小説、アニメ既見。
・小説は一巻のみ読了しており、続巻には中々食指が伸びなかったが、アニメと出会い衝撃を受ける。インスピレーションを直揉みされるような感覚。現代ファンタジーの原液を味わった心地。ライトノベルという娯楽に対する初期衝動的な感動を思い出した。
・アクションよりも心理的描写の方が色濃い作品。
・ストーリー上はファンタジーの比重がかなり大きいはずなのに、とてもリアル寄りな作品に感じる。
・台詞の一つ一つが浅はかじゃない。
・対象年齢はやや高めの印象。
・アニメはアクションがヌルヌル動いて感動。
・アニメの続編が観たい。また、いつかは小説シリーズ及び他の上遠野浩平作品も読破してみたい。
・アニメ視聴の切っ掛けはOP曲『shadowgraph/MYTH & ROID』のMV視聴。お気に入りなのでおすすめ。

こんな人におすすめ
・人間の心の動きが面白い。
・SFやファンタジーが好み。
・多種多様な登場人物が見たい。
・業界に影響を与えた名作が気になる。

繋コンボとは

繋コンボとは

つながりコンボ。略して つなコン。
既知の作品を入口として、新たな作品をおすすめする企画。
ジャンルの垣根を越える、越境比較レビュー。


 

名作に触れたい!
はずなのに、中々モチベーションが湧かない……。

そんな貴方に「繋コンボ」を提案させて下さい!

既知の物・身近な物を手掛かりにできれば、縁遠かった物でも興味が湧くはず!
また、好きな物を起点として関連を意識すれば、好奇心やモチベーションの持ち越しもできるかも!

※本コンボは管理人 よしやの主観が基であり、情報の正確さは保証できません。
反面、よしやと趣味が合う方にはさらに沢山のおすすめができるはず! 他の記事も是非お試し下さい。
また、繋コンボの記事を見れば、コンボ作成者の嗜好や遍歴がある程度確認できます。参考にするべき発信者かどうか、ごゆっくりお確かめ下さい。

以下の作品に触れた方へ『ブギポ』をおすすめしたい! 到点コンボ

PSYCHO-PASS サイコパス

繋コンボレビュー(⇒『ブギポ』)
・ストーリーコンボ! 人の心の繊細さ、歪さ。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『サイコパス』に繋がる作品まとめ(to サイコパス)
>>>
・『サイコパス』から繋がる作品まとめ(from サイコパス)
>>>起点『PSYCHO-PASS サイコパス』(⇒おすすめ)繋コンボ!

空の境界

繋コンボレビュー(⇒『ブギポ』)
・ジャンルコンボ! 現代ファンタジー。
・ストーリーコンボ! 人の心の繊細さ、歪さ。
・キャラクターコンボ! 二重人格の主人公。

Fate/Zero

繋コンボレビュー(⇒『ブギポ』)
・ジャンルコンボ! 現代ファンタジー、群像劇、アクション。
・設定コンボ! 『Fate』の英霊と『ブギポ』の自動的存在は、抑止力という意味で似通っている。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『フェイトゼロ』に繋がる作品まとめ(to フェイトゼロ)
>>>
・『フェイトゼロ』から繋がる作品まとめ(from フェイトゼロ)
>>>起点『Fate/Zero』(⇒おすすめ)繋コンボ!

Fate/strange Fake

繋コンボレビュー(⇒『ブギポ』)
・ジャンルコンボ! 現代ファンタジー、群像劇、アクション。
・設定コンボ! 『Fate』の英霊と『ブギポ』の自動的存在は、抑止力という意味で似通っている。

「ウォッチャー」クラスの存在がとてもブギポ感。

デュラララ!!

繋コンボレビュー(⇒『ブギポ』)
・ジャンルコンボ! 現代ファンタジー、群像劇、時々アクション。
・ストーリーコンボ! 人の心の歪さ。

『ブギポ』のファンタジー感は『デュラララ』のそれよりリアル寄り。
世界観のミステリアスな様がとても奥深く感じる。

戯言シリーズ

繋コンボレビュー(⇒『ブギポ』)
・ジャンルコンボ! 現代ファンタジー、時々アクション。
・ストーリーコンボ! 人の心の歪さ。
・メタコンボ! 戯言シリーズは『ブギポ』シリーズのオマージュらしい。文庫カバーの導入文の作法は影響が明らかで、設定の各所にも若干の残り香が見出せる。しかし全体の作風は大きく異なり、読み味は別物。


おわり。
皆様の充実した喜びを願って。


こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ブギーポップは笑わない』から繋がる作品まとめ(from ブギポ)
>>>起点『ブギーポップは笑わない』(⇒おすすめ)繋コンボ!

タイトルとURLをコピーしました