起点『精霊の守り人』(⇒おすすめ)繋コンボ!

起点

『守り人』シリーズに触れた方へおすすめがしたい! つなコン

繋コンボとは

繋コンボ とは

つながりコンボ。略して つなコン。
既知の作品を入口として、新たな作品をおすすめする企画。
ジャンルの垣根を越える、越境比較レビュー。


 

面白かった!
さて、そろそろ寝るか。

今度友達に話そう!

などと言って、作品を息抜きや話の種にしか活用していないそこの貴方。
もったいないと思いませんか?
そこで生まれた興奮を、没頭を、満足感を、その場限りで収めてしまうなんて。

得られた感動を活かしたい。そう思った貴方に「繋コンボ」を提案させて下さい!

「強くてニューゲーム」ならぬ「面白くてリスタート」。
何に繋がっても良し。漫画、小説、アニメ、映画、ゲーム、音楽、配信動画、書籍、論文、ドラマ、演劇、ドキュメンタリー、随筆、詩、写真、絵画等芸術作品……などなど。

感動や学びの有機的連鎖を目指そう!
どんな繋がりに惹かれるか、自己分析に活かしてみても良し。

本コンボは管理人 よしやの主観が基であり、情報の正確さは保証できません。
反面、繋コンボの記事を見れば、コンボ作成者の嗜好や遍歴がある程度確認できます。
他の記事も是非お試しの上、参考にするべき発信者かどうか、ごゆっくりお確かめ下さい。

『守り人』シリーズに触れた方へ、以下の作品をおすすめしたい! 起点コンボ

GIVE & TAKE  「与える人」こそ成功する時代/アダム・グラント

繋コンボレビュー
・昇華コンボ! 献身的、自己犠牲的な人に読んで欲しい。

蟲師

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! アジア風ファンタジー。なお和風。
・世界観コンボ! 超常生物。
・キャラクターコンボ! 大人主人公。

紹介
メディア:漫画、アニメなど。
ジャンル:伝奇、ファンタジー。和風ファンタジー、一話完結。
エッセンス:自然、生命、旅。
制作:原作漫画/漆原友紀、講談社。アニメ/ART LAND、長濱博史。
ストーリー:不可思議な生命「蟲」に関わる事象を取り扱う「蟲師」ギンコの物語。

随筆メモ
・漫画もアニメもおすすめ。アニメの色彩や音が素晴らしいが、漫画のタッチも捨てがたい。
・命の尊さを穏やかに訴えかけてくる作品。
・原風景的な背景や空気感、息づく自然の美しさが堪らない。
・個人的には、物語として理想的と言える空気感やテンポ感も感じ取って貰えたら嬉しい。

こんな人におすすめ
・和風な世界が好み。
・昔話や寓話が好き。
・自然が好き。
・超自然的な存在が気になる。
・風景の絵や写真が好み。
・水彩画が好き。
・アニメの音や息遣いが気になる。



こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『蟲師』に繋がる作品まとめ(to 蟲師)
>>>到点『蟲師』(蟲師をおすすめ)繋コンボ!
・『蟲師』から繋がる作品まとめ(from 蟲師)
>>>起点『蟲師』(⇒おすすめ)繋コンボ!

辺境の老騎士

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ファンタジー。なお西洋風?。
・世界観コンボ! 超常生物。
・キャラクターコンボ! 古強者主人公。なお『老騎士』バルドは58歳。

紹介
メディア:ウェブ小説、書籍、漫画。
ジャンル:ハイ・ファンタジー、短編シリーズ。
エッセンス:旅、騎士、高齢、食、伝説。
制作:原作ウェブ小説/支援BIS。書籍/支援BIS、KADOKAWA/エンターブレイン。漫画/菊石森生、講談社。
ストーリー:老いた騎士は死に場所を探して旅に出る。相棒の馬を供に、珍しい風景や食べ物を巡る気侭な旅路。しかし、それは大いなる冒険の幕開けだった。

随筆メモ
・老いた騎士の生き様を見事に描き切った壮大な異世界ファンタジー。実は飯テロ。
・旅路で見えてくる人の在り方や世界の神秘から、人の生について考えさせられる作品。
・登場人物が魅力的に尽きる。主要人物以外にもちゃんと生きている空気を感じる。
・着眼点が細やか。その上過不足をほとんど感じない。
・読む際の難点がほとんど思い付かない。
・結末の充足感を思い返すだけでも胸が一杯になる。
・小説の中では個人的に一押し。これほどの充足感を与えてくれた作品はそう無い。これほどの感動がネットで無料でも味わえる驚き。

こんな人におすすめ
・正統派ファンタジーが読みたい。
・道徳的な物語が読みたい。
・冒険活劇が好み。
・高齢者の活躍が好ましい。
・グルメな表現が好み。
・長編が苦手な人におすすめ。話を飛ばしても良いとまでは断言できないが、ほとんど一話完結の構成となっているため、読むテンポは作り易いはず。



小説家になろう 作品ページ作者のマイページ
カクヨム 作品ページ作者ページ


こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『老騎士』に繋がる作品まとめ(to 老騎士)
>>>到点『辺境の老騎士』(老騎士をおすすめ)繋コンボ!
・『老騎士』から繋がる作品まとめ(from 老騎士)
>>>起点『辺境の老騎士』(⇒おすすめ)繋コンボ!

龍盤七朝 DRAGON BUSTER/秋山瑞人

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! アジア風ファンタジー。なお中華風。
・エッセンスコンボ! アクション。

紹介
メディア:小説。
ジャンル:中華風ファンタジー、アクション、功夫、剣劇、貴種流離譚、ボーイミーツガール、群像劇、ライトノベル。
制作:秋山瑞人、アスキー・メディアワークス(電撃文庫)。
ストーリー:被差別民族の末裔 涼孤と第十八皇女 月華の出会いに端を発する物語。

随筆メモ
・書店にて格好良いような陳腐なようなタイトルが気になり手に取ったのが出会い。未だに己の好奇心と幸運に感謝する。
・ライトノベルでこんな文章が読めるのか、と茫然とした思い出。詩的な美しさも垣間見える緻密な文章。興味深いキャラクター。王道を煮詰めて見事に再加工しており、ありきたりじゃない上に目を離せない展開。小説でアクションが面白いだけでも十分稀有なのに、細部に渡って完成度が高く素晴らしい。一冊目にして秋山瑞人の名前を覚えてしまった。
・糞まみれの女剣士が暴れ回る幕開けが鮮烈。
・人の才能が開花する瞬間が鳥肌物。
・カンフーを功夫と漢字で呼びたい重厚な世界観。功夫という文化の土台としての奥深さを感じた。
・続巻を待って幾星霜。2020年現時点で、2巻の発売からもう8年になりました。遅筆で有名な作家さんだそうですが、さすがに……、いや、私は諦めない。が、なぜ自分ばかりこんな想いをしなければならないのか。道連れを増やしたいので拡散希望。未完ながらおすすめである事は間違いない。

こんな人におすすめ
・中華風ファンタジーが読みたい。
・武術、カンフーが好み。
・群像劇が読みたい。
・硬めの文体が好み。
・卑屈なキャラが気になる。
・猪突猛進キャラが好み。



こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ドラバス』に繋がる作品まとめ(to ドラバス)
>>>到点『龍盤七朝DRAGON BUSTER』(ドラバスをおすすめ)繋コンボ!
・『ドラバス』から繋がる作品まとめ(from ドラバス)
>>>起点『龍盤七朝DRAGON BUSTER』(⇒おすすめ)繋コンボ!

薬屋のひとりごと

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! アジア風ファンタジー。なお中華風。
・エッセンスコンボ! 推理。

紹介
メディア:ウェブ小説、書籍、漫画。
ジャンル:推理物、雑学系、中華風異世界、短編シリーズ、少女漫画系、ライトノベル。
エッセンス:後宮、平民主人公、医学、マッドサイエンティスト系女子、娼館。
制作:原作ウェブ小説/日向夏。書籍/主婦の友社。漫画/ねこクラゲ、しのとうこ、スクウェア・エニックス、倉田三ノ路、小学館。
ストーリー:猫猫は人攫いによって、後宮へ下女として売り飛ばされた。元の暮らしに戻るため目立たぬ仕事振りをしていたが、ある日の何気ない善意を切っ掛けに貴人の目に留まってしまい……。官女が医療知識と機転を武器に事件を解決へ導く医療系ミステリー。

随筆メモ
・小説既読。
・主人公の少女が面白い。毒に興奮するマッドサイエンティスト。必要な場面でない限り女言葉は使わない。庶民の類ではあるが知的スペックが大分高い。特殊な環境で育ち達観している部分があるが、目上の人間に振り回されがち。類似したキャラクターが思い浮かばない。
・立場の移り変わりが大きく、続き物として飽き難い。



小説家になろう 作品ページ作家マイページ


こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『薬屋』に繋がる作品まとめ(to 薬屋)
>>>到点『薬屋のひとりごと』(薬屋のひとりごとをおすすめ)繋コンボ!
・『薬屋』から繋がる作品まとめ(from 薬屋)
>>>

ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ファンタジー。なお西洋風。
・世界観コンボ! 超常生物。

紹介
メディア:小説、映画。
ジャンル:ハイファンタジー、冒険。
エッセンス:剣と魔法、亜人種、超常生物、伝説、戦争。
制作:原作小説/J・R・R・トールキン。映画/ピーター・ジャクソン、イライジャ・ウッド。
ストーリー:小さい人「ホビット」の青年 フロド・バギンズは、旅立つ養父から財産を受け継ぐ。しかし、そこに含まれていた一つの指輪には、闇の冥王の邪悪な力と意志が宿っていた。フロドは中つ国の運命を左右する壮大な冒険の旅に出る。

随筆メモ
・映画、小説既読。
・なお原作小説の内容は記憶が薄い。中学生時代に学校の図書室で借り、息絶え絶えになりながら読破した記憶だけ残っている。
・映画はエクステンデッド版がおすすめ。物語の厚みが通常版とは結構違ってくる。ホビット庄の描写が多くて嬉しい。18年越しにアラゴルンの年齢を把握してビビる。ボロミア一家の情報が大分増えて納得。サルマンの最期が描かれていてすっきり。
・裏設定含め大変ボリューミーな作品。映画三作とも上映時間が約3時間。アクション、戦争シーンが盛り沢山。



おわり。
皆様の充実した喜びを願って。

タイトルとURLをコピーしました