起点『辺境の老騎士』(⇒おすすめ)繋コンボ!

起点

『辺境の老騎士』に触れた方へおすすめがしたい!

繋コンボとは

繋コンボ とは

つながりコンボ。
好きな漫画など体験済みの作品を入口として、新たな作品をおすすめする企画。
ジャンルの垣根を越える、越境比較レビュー。


 

素敵な作品と出会いたい!
でも、探すのはちょっと面倒臭い……。

そんな貴方に「繋コンボ」を提案させて下さい!

既知の作品を道標にして、未知の作品を探す時間と気力と労力を削減しましょう。
また、好きな物を起点として関連を意識すれば、好奇心やモチベーションを持ち越しできるかも!

※本コンボは管理人 よしやの主観が基であり、情報の正確さは保証できません。
反面、よしやと趣味が合う方にはさらに沢山のおすすめができるはず! 他の記事も是非お試し下さい。
また、繋コンボの記事を見れば、コンボ作成者の嗜好や遍歴がある程度確認できます。参考にするべき発信者かどうか、ごゆっくりお確かめ下さい。

 

『辺境の老騎士』に触れた方へ、以下の作品がおすすめ!

最高の体調/鈴木祐

繋コンボレビュー
・昇華コンボ! 物語や描写に酔いしれた方へお薦め。

メモ
・本著によれば、自然やアートに畏敬の念を覚えると、人のストレスは大きく減少し、不安から来る体の炎症対策となるそうです。感動が健康に繋がり得るというこの科学的知見は、娯楽を好む人間にとって心強い味方となるでしょう。

蟲師

繋コンボレビュー
・テーマコンボ! 神秘的な生命との関わりから、人の生について考えさせられる。
・困っている人に惜しみなく助言や善行を為す主人公の姿勢は、バルドファンにも印象が良いはず。
・一話完結の話が殆どで収まりが良い上、寓話的に学びが得られる点も『老騎士』と同様。

紹介
・メディア:漫画、アニメなど。
・ジャンル:伝奇、ファンタジー。和風ファンタジー、一話完結。
・エッセンス:自然、生命、旅。
・原作漫画:漆原友紀、講談社。アニメ:ART LAND、長濱博史。
・ストーリー:不可思議な生命「蟲」に関わる事象を取り扱う「蟲師」ギンコの物語。

随筆メモ
・漫画もアニメもおすすめ。アニメの色彩や音が素晴らしいが、漫画のタッチも捨てがたい。
・命の尊さを穏やかに訴えかけてくる作品。
・原風景的な背景や空気感、息づく自然の美しさが堪らない。
・個人的には、物語として理想的と言える空気感やテンポも感じ取って貰えたら嬉しい。

 

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『蟲師』に繋がる作品まとめ
>>>繋コンボ・到点『蟲師』 蟲師をおすすめ
・『蟲師』から繋がる作品まとめ
>>>繋コンボ・起点『蟲師』 ⇒おすすめ

ぼくらの

繋コンボレビュー
・テーマコンボ! 残された命をどう使うか。

紹介
・メディア:漫画、アニメ、小説。
・ジャンル:SF、ロボット、群像劇。
・エッセンス:少年少女、子供、決闘、代償、不可避、家族、悲劇。
・原作漫画:鬼頭莫宏、小学館。アニメ:GONZO、森田宏幸。小説:大樹連司、小学館。
・ストーリー:謎の男にゲームの誘いを受けた子供達は、訳も分からぬ内に巨大ロボットに乗せられ、命を賭した戦いに身を投じる事となる。

随筆メモ
・漫画を既読。
・命の尊さを切実に訴える作品。残された命をどう使うか。約束された死から生を考えさせられる。子供達の生き様を見よ。
・子供達の心が尊く、美しい。
・大人達の奮闘も丁寧に描かれていて心の琴線に触れる。
・悲痛な感触が多めのため、悲劇に耐性のある方向け。
・アニメ主題歌『アンインストール』は良い曲だと思う。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ぼくらの』に繋がる作品まとめ(to ぼくらの)
>>>到点『ぼくらの』(ぼくらのをおすすめ)繋コンボ!
・『ぼくらの』から繋がる作品まとめ(from ぼくらの)
>>>起点『ぼくらの』(⇒おすすめ)繋コンボ!

マージナル・オペレーション

繋コンボレビュー
・キャラクターコンボ! 「人民の騎士」たらんと己に任じるバルドに対し、本作の主人公アラタは少年兵達の親たらんと日々励んでいます。また、バルドが武の雄ならば、アラタは智の雄であり、活躍の仕方はまったく異なります。現代、ミリタリー、戦術などなど、ジャンルは『老騎士』と大きく異なって見えますが、アラタはバルドと同様に人道を体現するモデルの一例として相応しいキャラクターであると判断し、ここに紹介させて頂きます。

紹介
・メディア:小説、漫画。
・ジャンル:ミリタリー、傭兵、子育て、旅、SF。
・原作小説:芝村裕吏、しずまよしのり(挿絵)、星海社FICTIONS。漫画:キムラダイスケ、講談社、アフタヌーンKC。
・ストーリー:民間軍事会社に転職してしまったアラタ。オペレーターとしての訓練を淡々とこなしていたアラタは、ある日自分が指揮する少年兵達と出会う。

随筆メモ
・独身男性の子育て奮闘記。なお少年兵。
・人死など、心が荒ぶ展開があるので注意。
・最初は単行本の値段がやや高い気がしたが、情報の質と量・その取材の手間・それらを上質なストーリーに落とし込む作家力等を鑑みると、こんな値段でいいのかとも思う。
・ホームページで序盤が試し読みできる点も好印象。
・国際性豊かだが、主人公が穏やかな気性の日本人であり、日本人読者は取っ付き易いはず。
・信仰を重んじる子供達の言動には何となく襟を正される感じ。
・架空の歴史が混ざってくるため、「歴史を学ぶ」という意図にはそぐわないだろうが、「歴史を作る」という事については割と考えさせられる物語。
・個人的には小説推し。
・初めて出会った時は続きが読みたくてもお金が無かったため、近くの図書館に全巻(当時は全五巻)入荷して貰った。その後2年くらいの間に2度は借り直しては読み返したはず。今でも偶に読むのでもう6周くらいはしているかも。

最前線/マージナル・オペレーションのページ

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『マージナル・オペレーション』に繋がる作品まとめ
>>>繋コンボ・到点『マージナル・オペレーション』 マジオペをおすすめ
・『マージナル・オペレーション』に触れた方へおすすめしたい作品まとめ
>>>繋コンボ・起点『マージナル・オペレーション』 ⇒おすすめ

龍盤七朝 DRAGON BUSTER/秋山瑞人

繋コンボレビュー
・テーマコンボ! 被差別民族の末裔である涼孤と第十八皇女月華の交流や周囲を取り巻く環境を読むと、モラルや人のあるべき姿について自然と思考が向く。人の生を考えさせる良作の一つとして、『老騎士』と並べて紹介してみる。

紹介
・メディア:小説。
・ジャンル:中華風ファンタジー、アクション、功夫、剣劇、貴種流離譚、ボーイミーツガール。ライトノベル。
・著:秋山瑞人、アスキー・メディアワークス(電撃文庫)。
・ストーリー:被差別民族の末裔である涼孤と第十八皇女月華の出会いに端を発する物語。

随筆メモ
・中華系の物語を読んでみようと何となしに購入したら、ライトノベルでこんな文章が読めるのか、と茫然とした思い出。
・カンフーを功夫と漢字で呼びたい重厚な世界観。功夫という文化の土台としての奥深さ。
・続巻を待って幾星霜。2020年現時点で、2巻の発売からもう8年になりました。遅筆で有名な作家さんだそうですが、さすがに……、いや、私は諦めない。が、なぜ自分ばかりこんな想いをしなければならないのか。道連れを増やしたいので拡散希望。未完ながらおすすめである事は間違いない。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『龍盤七朝DRAGON BUSTER』に繋がる作品まとめ(to ドラバス)
>>>繋コンボ・到点『龍盤七朝DRAGON BUSTER』 ~ドラバスをおすすめ~
・『龍盤七朝DRAGON BUSTER』から繋がる作品まとめ(from ドラバス)
>>>繋コンボ・起点『龍盤七朝DRAGON BUSTER』 ⇒おすすめ

蒼穹のファフナ―

繋コンボレビュー
・テーマコンボ! 人の命や戦いの果て、次の世代について考えさせられる物語。

紹介
・メディア:アニメなど。
・ジャンル:SF、ロボット、ファンタジー、群像劇。
・エッセンス:子供達、仮初の平和、秘密基地、不可避、相互理解。
・原作アニメ:XEBEC、羽原信義、能戸隆、冲方丁。
・ストーリー:未知の生命体「フェストゥム」に対抗するため、有人兵器「ファフナー」に乗って戦いに身を投じる子供達。彼らは人類絶滅の危機を脱することはできるのか。

随筆メモ
・ロボット(子供しか乗れない、神経接続、性格の変質、敵と同質の存在)。
・未知数な人類の敵(シリコン型生命体、意識共有、読心能力、超次元現象、進化)。
・戦う子供達を必死に支える大人たちにも胸が熱くなる。
・多少の鬱展開に耐えられるようなら非常にお薦め。
・ロボット×田舎。超科学的な軍事施設と古臭い生活感のギャップ。幅広い年齢層かつ身近な関係の戦友達。
・用語が多く、物語の全体像を理解するのがやや大変。設定厨は集まれ! wiki推奨。
・第一期が古めの作品であるため、見るのが辛いと感じた方は、外伝の『RIGHT OF LEFT』や劇場版から見てみるのもありだと思う。
・シリーズが進むと世代交代が描かれ、世界観がより厚みを増していく。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『蒼穹のファフナ―』に繋がる作品まとめ(to ファフナ―)
>>>到点『蒼穹のファフナ―』(ファフナ―をおすすめ)繋コンボ!
・『蒼穹のファフナ―』から繋がる作品まとめ(from ファフナ―)
>>>

狼と香辛料


繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ハイファンタジー。なお王道の冒険活劇とは異なり、市井に関する現実的な描写が目立つ。

紹介
・メディア:小説、アニメ、漫画、ゲーム。
・ジャンル:経済ファンタジー。
・エッセンス:行商、伝説、謎解き、恋愛、旅、バディ。
・原作小説:支倉凍砂、アスキー・メディアワークス。アニメ:イマジン、高橋丈夫。
・ストーリー:旅の行商人ロレンスは、狼の耳と尻尾を持つ少女 ホロと出会う。数百年の間豊作を司る神として土地を見守っていたホロは、帰郷を望みロレンスと旅路を共にする。お金や宗教に関わる事件の数々に巻き込まれつつ、二人は遥か北を目指す。

随筆メモ
・中世西洋風世界をリアリティたっぷりに描く行商ファンタジー。ファンタジーを好む方には是非お薦めしてみたい。
・行商人ロレンスと賢狼ホロの旅路を描く、唯一無二の物語。
・この本を読むまで、ファンタジーとは冒険や超常現象を楽しむ物であり、冒険活劇とイコールなジャンルであると思い込んでいた。経済ファンタジーというジャンルの開拓に高揚。行商の旅と並行して伝説の痕跡を辿り、血や暴力が無くともしっかり冒険の匂いもする点がなんとも憎い構図。
・ヒロインの花魁言葉が非常に個性的。

 

ガッチャマン クラウズ

繋コンボレビュー
・キャラクターコンボ! 「ヒーローって何すかね?」 固定観念に囚われず、人々のアイデンティティを問う主人公はじめ。女子高生ながら、どこか超然とした立ち位置であり続ける様は、『老騎士』バルドの物語的役割に通ずる物がある気がする。

紹介
メディア:アニメ、小説。
ジャンル:ヒーロー、宇宙人、社会、倒叙物。
エッセンス:ヒーロー物のアンチテーゼ、ネットリテラシー。
制作:アニメ/タツノコプロ、中村健治。小説/大野敏哉、一迅社。
ストーリー:SNS「GALAX」が普及した社会。都市伝説のヒーロー「ガッチャマン」として突如任命された少女は、自由奔放な発想で仲間達と社会に新風を巻き起こす。

随筆メモ
・ヒーロー物でありながら、闘いよりも人々の思想に焦点を当てる社会風刺アニメ。倫理観や情報リテラシー等を問われる。
・ヒーローの存在や現代的で色彩豊かなデザインが際立つ中で社会的なテーマが描かれており、ギャップ感があって面白い。いや、ヒーロー物として倫理や社会が描かれたり、現代アートチックなデザインが思想の表現に活かされたりしているのだから、むしろ正道な作品?
・社会風刺など他の作品でも沢山描かれてそうだが、自分はあまり触れた覚えが無いのでとても新鮮に感じられた。
・痒い所に手が届いた感じだが、しばしば我が身を省みる事になるので、痛気持ち良いような心地の作品。
・珠玉の名作、と言えるかどうかは分からないが、記憶が埋もれてしまうのは惜しい作品に思える。
・1クール通して一貫した問題に取り組むストーリー構成。記憶や読解が苦手な方は一気見がおすすめ。
・音楽も好き。OP曲で視聴を決めた。



こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ガチャクラ』に繋がる作品まとめ(to ガチャクラ)
>>>到点『ガッチャマン クラウズ』(ガチャクラをおすすめ)繋コンボ!
・『ガチャクラ』から繋がる作品まとめ(from ガチャクラ)
>>>起点『ガッチャマン クラウズ』(⇒おすすめ)繋コンボ!

海の幽霊MV/米津玄師

繋コンボレビュー
・おまけコンボ! 「第2章 新生の森」や「最終話 雲海」にて、自然の美しさに酔いしれたという方にお薦め。ほぼ『海獣の子供』という映画のPVみたいな動画。

紹介
・メディア:配信動画。
・ジャンル:J-POP、ミュージックビデオ。
・制作:米津玄師、五十嵐大介、STUDIO4℃、渡辺歩。

随筆メモ
・映像と音楽の妙。美しさに圧倒される。そして観る度に充実感が得られる。
・なお歌詞はほとんど理解していない。でも素晴らしい。
・ネイチャーポルノ。ほとんど人工物なのに。
・ほぼ映画『海獣の子供』のPV。

フロム製トリビアの泉:徹底考察シリーズ/上級騎士なるにぃ

繋コンボレビュー
・おまけコンボ! 『老騎士』後半の、世界の真実に迫る展開が好みの方にお薦めしたい。

紹介
・メディア:動画配信サイト個人チャンネル。
・ジャンル:ゲーム、考察、宗教、歴史。
・内容:ゲーム『ダークソウル』や『隻狼』の考察動画シリーズ。作品内の伏線を収集し、怪物の正体や神話・言い伝えの真実、設定の意味を明らかにしていく。

随筆メモ
・ゲーム自体は未プレイだが、有名タイトルだったため何となしに視聴してみるとハマってしまった。同じく未プレイの方やゲームプレイに興味が無い方でも、物語やゲームデザインに興味があればこの動画シリーズに一見の価値あり。
・あくまで個人による考察がメイン。
・音声の解析を見せつけられた時点でファンになった。

進撃の巨人

繋コンボレビュー
・世界観コンボ! 『老騎士』の大障壁とはまた異なる「壁」に囲まれた世界。

紹介
メディア:漫画、アニメなど。
ジャンル:ダークファンタジー、アクション、パニック、ホラー。
制作:原作漫画/諫山創、講談社。アニメ/WIT STUDIO、荒木哲郎、肥塚正史、小林靖子、澤野弘之。
ストーリー:「巨人」の存在により絶滅の危機に瀕していた人類は、「壁」の中に籠る事で平和を享受してきた。100年の時を経て安寧は崩壊、少年は巨人への復讐を誓い兵士となる。

随筆メモ
・漫画とアニメを既見。
・漫画を先に読んだはずだが、当時はそんなに心に刺さらなかった。しかし後に見たアニメのクオリティが素晴らしく、一気に魅了されファンになった。個人的には、アニメを見て物語の概要や登場人物を把握してから漫画を読んだ方が入り易いように思う。
・予想できない展開ばかりで、まるで急展開しかないような印象。
・シンプルに巨人が恐ろしく、人類の先行きが不安。
・立体機動が格好良い。
・立体機動しかり、巨人の暴力しかり、多くのアクションにどこか爽快感が混じる。
・グロテスクに多少でも耐性がある方なら非常にお薦め。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『進撃』に繋がる作品まとめ(to 進撃)
>>>
・『進撃』から繋がる作品まとめ(from 進撃)
>>>起点『進撃の巨人』(⇒おすすめ)繋コンボ!

孤独のグルメ

繋コンボレビュー
・おまけコンボ! 『老騎士』でお腹が空いた人に追い打ちをかけたい。グルメ漫画。

メモ
・ドラマのみ視聴。
・構えずに見られる上、欲求に直撃する。近年稀にみるグルメコンテンツ。

信長のシェフ

繋コンボレビュー
・おまけコンボ! 料理人カムラ―が好きな人に合いそうな作品。料理×戦国。

メモ
・漫画のみ既読。
・グルメは軸で知識教養がメインな感じ。

乙嫁語り

繋コンボレビュー
・おまけコンボ! 異国の暮らしや食事事情に興味がある人におすすめ。

紹介
メディア:漫画。
ジャンル:時代物、中央アジア、日常、群像劇。
:森薫。エンターブレイン、ハルタ。

随筆メモ
・19世紀後半の中央アジアが舞台。嫁入りを中心として、人々の生活や文化に焦点を当てた作品。

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

繋コンボレビュー
・おまけコンボ! 異国の暮らしや食事事情に興味がある人におすすめ。

紹介
メディア:ウェブ小説、書籍、漫画。
ジャンル:日常系、文化、恋愛、北欧風異世界、雪国、雑学、ライトノベル。
エッセンス:ほぼ現実な架空世界、辺境、極寒の地、貴族、すれ違い、狩猟、採集、食材加工、料理。
制作:小説/江本マシメサ、宝島社。漫画/白樺鹿夜、主婦と生活社。
ストーリー:辺境の名ばかり貴族と高名な元軍人女性がお試し婚。慎ましくも穏やかな共同生活。果たして二人は無事結ばれるのか?

随筆メモ
・小説既読。
・舞台のモデルは一昔前の北欧?
・異国の暮らしや食事事情に興味がある人におすすめ。狩猟、採集、食材加工、料理の詳細な描写が盛り沢山。
・言葉が通じない戦闘民族の使用人というキャラクターの存在感が強過ぎて笑える。

小説家になろう 作品ページ江本マシメサさんのマイページ


おわり。
皆様の充実した喜びを願って。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『辺境の老騎士』に繋がる作品まとめ
>>> 繋コンボ・到点『辺境の老騎士』 老騎士をおすすめ

タイトルとURLをコピーしました