起点『とある科学の超電磁砲』(⇒おすすめ)繋コンボ!

起点
この記事は約24分で読めます。

新しい物が見たい・読みたい!
でも、探すのはなんか面倒臭い……。

そんな貴方に「繋コンボ」を提案させて下さい!


繋コンボ とは

つながりコンボ。略して つなコン。
既知の作品を入口として、新たな作品をおすすめする企画。
ジャンルの垣根を越える、越境比較レビュー。


既知の作品を道標にして、未知の作品を探す時間と気力と労力を削減しましょう。
また、好きな物を起点として関連を意識すれば、好奇心やモチベーションを持ち越しできるかも!

本ブログ内の繋コンボは、管理人 よしやの主観が基です。情報の正確さは保証できませんが、よしやと趣味が合う方には特に沢山のおすすめができるはず!

以下より本題です。

 

『レールガン』に触れた方へおすすめがしたい!

 

以下の作品がおすすめ!

モブサイコ100

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! 超能力バトル、学生主人公。なおコメディ色強め。

紹介
・メディア:漫画、アニメ
・ジャンル:コメディ、青春、サイキック、アクション
・エッセンス:内向的主人公、コミカルなキャラデザ

随筆メモ
・アニメを視聴。
・終始笑い所のある良いコメディ。
・アニメ第二期はシリアス展開が多くて少し驚いたが、それぞれ深みのあるテーマが感じられたりアクションが豪華だったりで面白かった。
・アニメのアクションシーンのクオリティが高過ぎる。圧倒されたり、何故だか笑えてきたりする程。悪霊最上戦や五超島崎戦が素晴らしい。

ブギーポップは笑わない

繋コンボレビュー
・エッセンスコンボ! 超能力バトル?

紹介
・メディア:小説、アニメ、漫画、など。
・ジャンル:現代ファンタジー、SF、ライトノベル。
・制作:原作小説/上遠野浩平、カドカワ。アニメ/マッドハウス、夏目真悟(2019)。漫画/緒方剛志、高野真之、ワバタヨシヒロ、越水ナオキ。
・ストーリー:とある女子高生に、もう一つの人格が表れた。彼の名はブギーポップ。世界の危機を予期する彼は、何らかの義務を果たし、去っていった。そこでは何が起こっていたのか。様々な人の視点から全貌を追う。

随筆メモ
・アクションよりも心理的描写の方が色濃い作品。
・ストーリー上はファンタジーの比重がかなり大きいはずなのに、とてもリアル寄りな作品に感じる。
・台詞の一つ一つが浅はかじゃない。
・対象年齢はやや高めの印象。
・アニメはアクションがヌルヌル動いて感動。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ブギーポップは笑わない』に繋がる作品まとめ(to ブギポ)
>>>到点『ブギーポップは笑わない』(ブギポをおすすめ)繋コンボ!
・『ブギーポップは笑わない』から繋がる作品まとめ(from ブギポ)
>>>起点『ブギーポップは笑わない』(⇒おすすめ)繋コンボ!

灼眼のシャナ

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! 異能バトル、学生主人公。

読み応えのある現代ファンタジーをお求めの方におすすめ。

紹介
・メディア:小説、漫画、アニメ、ドラマCD、ゲーム。
・ジャンル:現代ファンタジー、アクション、高校生、ボーイミーツガール。
・エッセンス:「萌え」と「燃え」、異能バトル、人喰いの怪人、不老、複雑な勢力図、暗闘、歴史の陰、世界の均衡。微笑ましいラブコメは中盤まで、後半はほぼ戦争。
・原作小説:高橋弥七郎、アスキー・メディアワークス(電撃文庫)。
・ストーリー:主人公の少年は非現実的な怪物に突如襲われ、そして名も無き少女に救われる。少女からこの世の真実を聞かされ、少年は否応なく非日常を生きることとなる。

随筆メモ
・ライトノベルの金字塔の一角。
・小説、アニメ、漫画を既見。
・個人的には小説がおすすめ。この作品の妙を映像で表し切るのは困難。
・作者が謳う「痛快娯楽アクション小説」の看板に偽り無し。熱い闘いの中にロマンスが絶妙に融合。
・進む毎に壮大になっていく物語と、それに伴って大変な数となっていた伏線の大回収劇は圧巻の一言。
・萌えを認めざるを得なくなった作品。

DARKER THAN BLACK ダーカーザンブラック

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! 異能バトル。

大人なアクションアニメ。社会の陰で行われる暗闘が主。

紹介
・メディア:アニメ、漫画。
・ジャンル:ファンタジー、SF、アクション。
・制作:原作アニメ/BONES、岡村天斎。漫画/野奇夜、岩原裕二。
・ストーリー:10年前、世界に突如として未知の領域が出現し、同時に「契約者」と呼ばれる超能力者達が現れ始めた。契約者達を利用し、各国の組織が暗躍する。主人公 黒は、そんな秘密組織のエージェントの一人である。

随筆メモ
・合理的思考しか持たないという契約者達の設定が面白い。
・作品全体が概ね落ち着いた印象。闘いの最中にもどこか静けさがある。
・一期『黒の契約者』は殆どが前・後編構成であるため、冗長に感じる時もあるが話は奥深くなって良い。
・頭空っぽの状態では魅力が伝わり切らない作品。設定や空気感に頭が馴染んだ2週目からが面白い。
・主人公が操る電撃に無駄な発光が無くて良い。地味だがリアリティを感じる。

円環少女 サークリットガール

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! 異能バトル、戦う子供。

読み応えのある現代ファンタジーをお求めの方におすすめ。

紹介
・メディア:小説。
・ジャンル:バトルファンタジー、SF、ライトノベル。灼熱のウィザーズバトル。
・エッセンス:魔法、差別、複雑な勢力図、義務と倫理、タイムパラドックス。
・ストーリー:幾千の魔法世界が存在する中、唯一奇跡の力を拒絶する地球。それ故にこの世は「地獄」と呼ばれ忌み嫌われており、地球人類は「悪鬼」と蔑まれる。そんな世の中で、犯罪魔導師と闘う非公式公務員である青年と二人の訳あり少女達を中心に繰り広げられる闘いの物語。

随筆メモ
・抜群の読み応え。練り上げられた魔法の形態、困難な試練の数々、根深い負の連鎖。
・天才魔導師サディスティック小学生ヒロイン 鴉木メイゼルのキャラクターとしての完成度の高さ。誇り高く強靭な精神を持つ所もさることながら、ここまでインモラルに嗜虐的な性癖を持つ少女キャラクターはこれまでいただろうか。
・基本的にダルいはずの三角関係が存在するが、登場人物達が可哀想過ぎてそんな些細な問題には構ってられない。むしろ、もっと色事に没頭してしまえ、と応援したくなる。
・ずっと抑えつけられ翻弄されてきた主人公が強力な武器を得て劣勢を覆す12巻のカタルシスが凄い。脳汁出る。

僕のヒーローアカデミア

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! 異能バトル、学生主人公、戦う子供達。

紹介
・メディア:漫画、アニメ など。
・ジャンル:少年漫画、ヒーロー、異能バトル。
・エッセンス:学園、努力・成長、倫理、正義と悪。
・ストーリー:人々が「個性」という超能力を持ち、「ヒーロー」が職業として存在する時代。「無個性」の少年は憧れのヒーローと出会い、その資質を見出され、ヒーローを輩出する名門校へ進学する。

随筆メモ
・リアリティのある着眼点が散見され、しばしば関心する。
・正義に関わる葛藤や進歩が多彩に描かれており、そのストーリーの追体験によって自身の倫理的不完全燃焼感が解消される感覚がある。理想にまつわるカタルシス。
・ヒーロー及びそれを目指す若者達の志が熱く、気持ちが良い。
・「脳無」のデザインがグロ格好良くて好き。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ヒロアカ』に繋がる作品まとめ(to ヒロアカ)
>>>
・『ヒロアカ』から繋がる作品まとめ(from ヒロアカ)
>>>繋コンボ・起点『僕のヒーローアカデミア』 ⇒おすすめ

ワンパンマン

繋コンボレビュー
・エッセンスコンボ! 異能、超科学。異能バトルという枠組みは適切じゃない感じ。もっと裾野が広い、何でもアリなバトル漫画。

紹介
・メディア:ウェブ漫画、単行本、アニメ など。
・ジャンル:ヒーロー、ギャグ、バトル。日常ノックアウトコミック。平熱系最強ヒーロー。ヒーロー物へのアンチテーゼ・ギャグ漫画。
・制作:原作漫画/ONE。リメイク/村田雄介、ジャンプ・コミックス、集英社。アニメ/マッドハウス(第一期)、J.C.STAFF(第二期)。
・ストーリー:どんな敵もワンパンチで倒せる最強の男 サイタマ。強過ぎて闘いの緊張感を忘れてしまった彼は、今日も趣味としてヒーロー活動を淡々とこなす。

随筆メモ
・ウェブ漫画、リメイク版、アニメを既見。
・ウェブ漫画とリメイク版は両方好き。アニメは個人的に第一期がおすすめ。
・従来のお約束から飛び出す異質なヒーロー物。なのにしっかり王道の要素も詰まっている。
・主人公 サイタマ以外のヒーローも多様で魅力的なキャラが多い。
・ネーミングや設定の適当さが好き。シンプルだからこそピュアな面白味がある。

ヒナまつり

繋コンボレビュー
・エッセンスコンボ! 超能力。なおギャグコメディ。

紹介
・メディア:漫画、アニメ。
・ジャンル:ギャグ、コメディ、SF。
・制作:原作漫画/大武政夫、KADOKAWA。アニメ/feel.、及川啓。
・ストーリー:インテリヤクザ 新田の前に突如現れたエスパー少女 ヒナ。常識知らずのヒナとの暮らしに、新田の日常は混沌に呑まれていく。頑張れ新田!

随筆メモ
・漫画もアニメも面白い。アニメを先に見たせいか、個人的にはアニメのテンポ感やオリジナル要素が好ましい。アニメで空気を掴んでから漫画を読むのもアリかと。
・ギャップ感を味わいたい方におすすめ。主人公がエスパーなのに、超能力に全然見せ場がない。ギャグな日常に社会の暗部がちょこちょこ散りばめられている所もジワジワ来る。
・つい口にしたくなる「痛ったぁ~」(アニメ)。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ヒナまつり』に繋がる作品まとめ(to ヒナまつり)
>>>到点『ヒナまつり』(ヒナまつりをおすすめ)繋コンボ!
・『ヒナまつり』から繋がる作品まとめ(from ヒナまつり)
>>>

攻殻機動隊

繋コンボレビュー
・エッセンスコンボ! SF、空想科学。

ハードなSFなので、『レールガン』のノリで観始めたら胸焼けするかも。視聴モチベーションはSFに対するピュアな好奇心をベースにするのがおすすめ。

紹介
・メディア:漫画、アニメ、劇場版 など。
・ジャンル:SF、警察。
・エッセンス:サイボーグ、AI、社会問題、歴史問題。
・制作:原作漫画/士郎正宗。アニメ/Production I.G、押井守(劇場版アニメ)、神山健治(TVアニメシリーズ)。
・ストーリー:生身の人間からアンドロイドまでが混在する社会で、テロ等の犯罪と闘う内務省直属の組織「公安9課」の物語。

随筆メモ
・映像作品をいくつか視聴。
・個人的にはTVアニメシリーズが一番好き。次点で劇場版の二作。
・SFの金字塔。未だに存在感が色褪せない。
・電脳化や義体といった技術にワクワクする。
・刑事ドラマとしても純粋に面白い。
・作品によって世界観が微妙に異なる。もどかしさもあるが、何度でも美味しい。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『攻殻』に繋がる作品まとめ(to 攻殻)
>>>
・『攻殻』から繋がる作品まとめ(from 攻殻)
>>>起点『攻殻機動隊』(⇒おすすめ)繋コンボ!

PSYCHO-PASS サイコパス

繋コンボレビュー
・エッセンスコンボ! SF、空想科学。

シリアスなSF刑事ドラマ。『レールガン』とはノリが大きく異なるので注意。

紹介
・メディア:アニメ、映画、漫画 など。
・ジャンル:SF、警察、心理、社会。SF刑事ドラマ。
・制作:アニメ/Production I.G、タツノコプロ、本広克行、塩谷直義、虚淵玄、深見真、天野明、冲方丁など。
・ストーリー:人間の心理を数値化するシビュラシステムが導入された社会。監視社会においても絶えない犯罪に対処する公安局刑事課一係の奮闘を描く物語。

随筆メモ
・もし自分がこんな状況に置かれたら、という空想をかき立ててくれる。
・社会のために非倫理的な選択を受け容れなければならないジレンマ。
・グロ注意。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『サイコパス』に繋がる作品まとめ(to サイコパス)
>>>
・『サイコパス』から繋がる作品まとめ(from サイコパス)
>>>起点『PSYCHO-PASS サイコパス』(⇒おすすめ)繋コンボ!

マージナル・オペレーション

繋コンボレビュー
・エッセンスコンボ! SF、空想科学、戦う子供達。

紹介
・メディア:小説、漫画。
・ジャンル:ミリタリー、傭兵、子育て、旅、SF。
・原作小説:芝村裕吏、しずまよしのり(挿絵)、星海社FICTIONS。漫画:キムラダイスケ、講談社、アフタヌーンKC。
・ストーリー:民間軍事会社に転職してしまったアラタ。オペレーターとしての訓練に励む中、彼は自分が指揮する少年兵達と出会う。

随筆メモ
・小説と漫画を既読。
・個人的には小説推し。情報量、テンポ、キャラクターデザイン、空気感において。加えて、ジブリールにコスプレなんかをさせた漫画関係者達は罪深い……。
・独身男性の子育て奮闘記。なお少年兵。
・国際性豊か。それでいて、穏やかな気性の日本人主人公の一人称視点であるため、日本人にとって読み難いという事は無いはず。
・架空の歴史が混ざってくるため、「歴史を学ぶ」という意図にはそぐわないだろうが、「歴史を作る」という事については割と考えさせられる物語。

最前線/マージナル・オペレーションのページ

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『マジオペ』に繋がる作品まとめ(to マジオペ)
>>>繋コンボ・到点『マージナル・オペレーション』 マジオペをおすすめ
・『マジオペ』から繋がる作品まとめ(from マジオペ)
>>>繋コンボ・起点『マージナル・オペレーション』 ⇒おすすめ


おわり。
皆様の充実した喜びを願って。

 

タイトルとURLをコピーしました