起点『ガッチャマン クラウズ』(⇒おすすめ)繋コンボ!

起点

『ガッチャマン クラウズ』に触れた方へおすすめがしたい!

繋コンボとは

繋コンボ とは

つながりコンボ。略して つなコン。
既知の作品を入口として、新たな作品をおすすめする企画。
ジャンルの垣根を越える、越境比較レビュー。


 

面白かった!
さて、そろそろ寝るか。

今度友達に話そう!

などと言って、作品を息抜きや話の種にしか活用していないそこの貴方。
もったいないと思いませんか?
そこで生まれた興奮を、没頭を、満足感を、その場限りで収めてしまうなんて。

得られた感動を活かしたい。そう思った貴方に「繋コンボ」を提案させて下さい!

「強くてニューゲーム」ならぬ「面白くてリスタート」。
何に繋がっても良し。漫画、小説、アニメ、映画、ドラマ、演劇、ドキュメンタリー、音楽、ゲーム、配信動画、書籍、論文、随筆、詩、写真、絵画等芸術作品……等々。

感動や学びの有機的連鎖を目指そう!
どんな繋がりに惹かれるか、自己分析に活かしてみても良し。

本コンボは管理人 よしやの主観が基であり、情報の正確さは保証できません。
反面、繋コンボの記事を見れば、コンボ作成者の嗜好や遍歴がある程度確認できます。
他の記事も是非お試しの上、参考にするべき発信者かどうか、ごゆっくりお確かめ下さい。

『ガッチャマン クラウズ』に触れた方へ、以下の作品がおすすめ! 起点コンボ

GIVE & TAKE  「与える人」こそ成功する時代/アダム・グラント


繋コンボレビュー
・昇華コンボ! 人の善意や良識を信じたくなった人におすすめ。与える力とその戦略について。

紹介
メディア:本。
ジャンル:組織心理学。
著者:アダム・グラント、楠木建(訳)
内容:ギブ&テイクという概念に一石を投じる一冊。「ギバー」(惜しみなく与える人)の才能について多くのページが割かれている。

随筆メモ
・ギブ&テイクという考えに心地良い新風を論理的に吹き込む一冊。
・自分の善性に勇気を与えてくれる。
・要所が太字になって強調されているので拾い読みし易い。
・ちらっと言及されていただけだが、ミシガン大学ウェイン・ベイカー教授 他による、人脈ネットワークを行き交うエネルギーの流れに関する研究(p 101)が印象的だった。他者との交流において、エネルギーを「与えられる」「奪われる」という焦点が個人的に目から鱗。願わくば、人にエネルギーを与えられる人間になりたいものだ。

こんな人におすすめ
・道徳的な行動に躊躇いや恥じらいがある。
・親切のメリットとその根拠を知っておきたい。
・人の優しさを肯定したい。



こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ギブテ』に繋がる作品まとめ(to ギブテ)
>>>到点『GIVE & TAKE  「与える人」こそ成功する時代/アダム・グラント』(ギブテをおすすめ)繋コンボ!
・『ギブテ』から繋がる作品まとめ(from ギブテ)
>>>

経済は「競争」では繁栄しない 信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学/ポール・J・ザック


繋コンボレビュー
・昇華コンボ! 人の善意や良識を信じたくなった人におすすめ。愛や共感によって社会は繁栄するのだという事を証明しつつ訴えかける一冊。

紹介
メディア:本
ジャンル:神経経済学。
著者:ポール・J・ザック、柴田裕之(訳)、ダイヤモンド社。
内容:“勝者総取りのゼロサムゲームから抜けだし、信頼と共感に基づく持続可能な繁栄へと至るメカニズムを解き明かした、探求の書”(by 柴田裕之)。

カバーそで部分の紹介が素晴らしく簡潔に纏まっていたので引用せざるを得なかった!

随筆メモ
・第一刷を読了。
・化学伝達物質オキシトシンと道徳的心理の関係性、実験とそのきっかけとなった着眼点、信頼や共感に基づいた経済活動の合理性とその推奨、といった内容が大部分を占める。
・関連性が窺える人物・集団・歴史的事件・動物の生態を、実験対象や話の例として多く持ち出しており、広い視野を感じる。
・非常に科学的な知見に見え、話の根拠として十分に緻密な一冊に思える。なお非科学者であるよしやの主観的な印象。
・テーマ自体がメンタルケアとして有意義。道徳と経済は両立できる!



こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『神経経済学』に繋がる作品まとめ(to 神経経済学)
>>>到点『経済は「競争」では繁栄しない/ポール・J・ザック』(神経経済学をおすすめ)繋コンボ!
・『神経経済学』から繋がる作品まとめ(from 神経経済学)
>>>

デマを信じてしまう人たちの正体が【怖い】/DaiGo

繋コンボレビュー
・昇華コンボ! 情報操作に惑わされる人々に不安を抱いた、もしくは他人事に思えて深く考えなかったという人におすすめ。

随筆メモ
・2019年ニューヨーク大学の研究を紹介している。
・加齢や保守性によってデマに踊らされ易くなるみたい。
・思い込みは自覚し確認するべし。
・年を経てもこの研究や視点は忘れないようにしたい。

ダークナイト(バットマン)


繋コンボレビュー
・ストーリーコンボ! 社会倫理のジレンマ。

紹介
メディア:映画。
ジャンル:ヒーロー、スリラー、バイオレンス、アメコミ。
エッセンス:社会不安、倫理。
制作:クリストファー・ノーラン、クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー。
ストーリー:超法規的な手段でゴッサムシティの治安を守るバットマンの前に、残忍で狂気的な犯罪者ジョーカーが立ちはだかる。

随筆メモ
・バットマンだけでなく社会の人々も容赦なく厳しい選択を迫られる様に、幾度も緊張が走る。
・バットマンの見事な活躍を描いてエンタメ色が強かった前作とは段違いのスリル。
・幕開けから引き込まれた。




こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ダークナイト』に繋がる作品まとめ(to ダークナイト)
>>>
・『ダークナイト』から繋がる作品まとめ(from ダークナイト)
>>>起点『ダークナイト』(⇒おすすめ)繋コンボ!

聲の形/大今良時

繋コンボレビュー
・作風コンボ! 社会風刺。障害者に対する無垢な残酷さ、他人に無慈悲な自己保身。
・キャラクターコンボ! 学生主人公。

紹介
メディア:漫画、アニメ映画。
ジャンル:学生、社会派。
エッセンス:障害、差別、いじめ、自殺、贖罪、友情、青春。
制作:原作漫画/大今良時、講談社。
ストーリー:小学6年生の頃に転校してきた少女 西宮硝子は耳が聞こえなかった。彼女に対し度を超えたいじめを行っていた少年 石田将也は、ある日クラスで吊るし上げられ、新たないじめの対象となる。過去の罪と傷を背負い陰鬱な日々を過ごしながら高校生になった石田は、再び西宮と出会う。

こんな人におすすめ
・いじめ、障害、過ち、孤独、人間関係といったワードに惹かれる。
・幼少期や学生時代に関する罪悪感を伴う記憶を持っている。
・他人の目が怖い。
・弱い人、愚かな人。

随筆メモ
・漫画、映画既見。
・情報やストーリーが多い漫画の方が好み。しかし映画も美しい。
・繊細なストーリー。己の弱さや愚かさを自覚した事のある人は皆心を掴まれるのではないか。
・老若男女全てにおすすめできる。


PSYCHO-PASS サイコパス

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! 社会派。

なおシリアス度高め。

紹介
メディア:アニメ、映画、漫画 など。
ジャンル:SF、警察、心理、社会。SF刑事ドラマ。
制作:アニメ/Production I.G、タツノコプロ、本広克行、塩谷直義、虚淵玄、深見真、天野明、冲方丁など。
ストーリー:人間の心理を数値化するシビュラシステムが導入された社会。監視社会においても絶えない犯罪に対処する公安局刑事課一係の奮闘を描く物語。

随筆メモ
・監視社会の恐ろしさと、否定し難い美しさ。
・もし自分がこんな状況に置かれたら、という空想をかき立ててくれる。
・社会のために非倫理的な選択を受け容れなければならないジレンマ。
・ややグロ注意。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『サイコパス』に繋がる作品まとめ(to サイコパス)
>>>
・『サイコパス』から繋がる作品まとめ(from サイコパス)
>>>起点『PSYCHO-PASS サイコパス』(⇒おすすめ)繋コンボ!

僕のヒーローアカデミア

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ヒーロー物。
・キャラクターコンボ! 学生主人公。なお『ガチャクラ』のトリッキー主人公 はじめに対し、『ヒロアカ』デクは努力型王道主人公。

紹介
メディア:漫画、アニメ など。
ジャンル:少年漫画、ヒーロー、異能バトル。
エッセンス:学園、努力・成長、倫理、正義と悪。
ストーリー:人々が「個性」という超能力を持ち、「ヒーロー」が職業として存在する時代。「無個性」の少年は憧れのヒーローと出会い、その資質を見出され、ヒーローを輩出する名門校へ進学する。

随筆メモ
・しっかり少年漫画でありつつ泥臭さから血生臭さまで醸し出す、起伏の豊かな作品。
・リアリティのある着眼点が散見され、しばしば関心する。
・展開が丁寧。次々と刺激が欲しい方にはまどろっこしい展開も多いかもしれないが、総じて長く楽しめる作品。
・健全さと歪みのバランスが絶妙。
・正義に関わる葛藤や進歩が多彩に描かれており、そのストーリーの追体験によって自身の倫理的不完全燃焼感が解消される感覚がある。理想にまつわるカタルシス。
・ヒーロー及びそれを目指す若者達の志が熱く、気持ちが良い。
・「脳無」のデザインがグロ格好良くて好き。

こんな人におすすめ
・少年漫画が好み。
・ヒーロー、善人が好み。
・ジレンマが見たい。
・多様な主義主張が見たい。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ヒロアカ』に繋がる作品まとめ(to ヒロアカ)
>>>到点『僕のヒーローアカデミア』(ヒロアカをおすすめ)繋コンボ!
・『ヒロアカ』から繋がる作品まとめ(from ヒロアカ)
>>>起点『僕のヒーローアカデミア』(⇒おすすめ)繋コンボ!

SSSS.GRIDMAN グリッドマン

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ヒーロー物。
・キャラクターコンボ! 学生主人公。なお『ガチャクラ』はじめより等身大な少年主人公。

紹介
メディア:アニメ、小説、漫画など。
ジャンル:特撮、SF、ヒーロー、倒叙物。特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作とする完全新作アニメーション。
制作:原作アニメ/TRIGGER、雨宮哲。小説/水沢夢。漫画/今野ユウキ。
ストーリー:目を覚ますと記憶を失っていた主人公は、古いパソコンから語りかけてくる「ハイパーエージェント グリッドマン」に導かれ、自身がグリッドマンとなって街に現れる怪獣と闘う。

随筆メモ
・アニメ既見。
・ただアニメ化されただけの特撮ではない。
・散りばめられた謎や違和感に惹き込まれ、世界観が明かされた後も結末まで目が離せなかった。
・会話の口調やテンポ、空気が生々しくて良い。

こんな人におすすめ
・思春期やアイデンティティといったワードが気になる。
・特撮的なヒーロー物が見たい。
・子供向け番組の発展系が見たい。
・思春期の微妙な言動や仕草が気になる。



こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『グリッドマン』に繋がる作品まとめ(to グリッドマン)
>>>到点『SSSS.GRIDMAN』(グリッドマンをおすすめ)繋コンボ!
・『グリッドマン』から繋がる作品まとめ(from グリッドマン)
>>>

辺境の老騎士

繋コンボレビュー
・キャラクターコンボ! 主人公はじめのどこか超然とした立ち位置であり続ける様は、『老騎士』バルドの物語的役割に通ずる物がある気がする。

紹介
メディア:ウェブ小説、書籍、漫画。
ジャンル:ハイ・ファンタジー、短編シリーズ。
エッセンス:旅、騎士、高齢、食、伝説。
制作:原作ウェブ小説/支援BIS。書籍/支援BIS、KADOKAWA/エンターブレイン。漫画/菊石森生、講談社。
ストーリー:老いた騎士は死に場所を探して旅に出る。相棒の馬を供に、珍しい風景や食べ物を巡る気侭な旅路。しかし、それは大いなる冒険の幕開けだった。

こんな人におすすめ
・正統派ファンタジーが読みたい。
・道徳的な物語が読みたい。
・冒険活劇が好み。
・高齢者の活躍が好ましい。
・グルメな表現が好み。
・長編が苦手な人。話を飛ばしても良いとまでは断言できないが、ほとんど一話完結の構成となっているため、読むテンポは作り易いはず。

随筆メモ
・老いた騎士の生き様を見事に描き切った壮大な異世界ファンタジー。実は飯テロ。
・旅路で見えてくる人の在り方や世界の神秘から、人の生について考えさせられる作品。
・登場人物が魅力的に尽きる。主要人物以外にもちゃんと生きている空気を感じる。
・着眼点が細やか。その上過不足をほとんど感じない。
・読む際の難点がほとんど思い付かない。
・結末の充足感を思い返すだけでも胸が一杯になる。
・小説の中では個人的に一押し。これほどの充足感を与えてくれた作品はそう無い。これほどの感動がネットで無料でも味わえる驚き。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『老騎士』に繋がる作品まとめ(to 老騎士)
>>>到点『辺境の老騎士』(老騎士をおすすめ)繋コンボ!
・『老騎士』から繋がる作品まとめ(from 老騎士)
>>>起点『辺境の老騎士』(⇒おすすめ)繋コンボ!

ヒナまつり

繋コンボレビュー
・反応&作風コンボ! 『ガチャクラ』のヒーロー×社会風刺のように、ギャップ感を味わいたい方におすすめ。サイキック物なのにエスパー設定置いてけぼり、ドタバタギャグと社会の闇。

紹介
メディア:漫画、アニメ。
ジャンル:ギャグ、コメディ、SF。
制作:原作漫画/大武政夫、KADOKAWA。アニメ/feel.、及川啓。
ストーリー:インテリヤクザ 新田の前に突如現れたエスパー少女 ヒナ。常識知らずのヒナとの暮らしに、新田の日常は混沌に呑まれていく。頑張れ新田!

随筆メモ
・漫画もアニメも面白い。アニメを先に見たせいか、個人的にはアニメのテンポ感やオリジナル要素が好ましい。アニメで空気を掴んでから漫画を読むのもアリかと。
・ギャップ感を味わいたい方におすすめ。主人公がエスパーなのに、超能力に全然見せ場がない。ギャグな日常に社会の暗部がちょこちょこ散りばめられている所もジワジワ来る。
・つい口にしたくなる「痛ったぁ~」(アニメ)。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ヒナまつり』に繋がる作品まとめ(to ヒナまつり)
>>>到点『ヒナまつり』(ヒナまつりをおすすめ)繋コンボ!
・『ヒナまつり』から繋がる作品まとめ(from ヒナまつり)
>>>

攻殻機動隊

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! 社会派。なおハードSF。

作風は大きく異なるが、『ガチャクラ』ファンなら『攻殻』も楽しめそう。

紹介
メディア:漫画、アニメ、劇場版 など。
ジャンル:SF、警察。
エッセンス:サイボーグ、AI、社会問題、歴史問題。
制作:原作漫画/士郎正宗。アニメ/Production I.G、押井守(劇場版アニメ)、神山健治(TVアニメシリーズ)。
ストーリー:生身の人間からアンドロイドまでが混在する社会で、テロ等の犯罪と闘う内務省直属の組織「公安9課」の物語。

随筆メモ
・TVアニメシリーズ等映像作品をいくつか視聴。
・個人的にはTVアニメシリーズが一番好き。次点で劇場版の二作。
・SFの金字塔。未だに存在感が色褪せない。
・電脳化や義体といった技術にワクワクする。
・刑事ドラマとしても純粋に面白い。
・作品によって世界観が微妙に異なる。もどかしさもあるが、何度でも美味しい。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『攻殻』に繋がる作品まとめ(to 攻殻)
>>>
・『攻殻』から繋がる作品まとめ(from 攻殻)
>>>起点『攻殻機動隊』(⇒おすすめ)繋コンボ!

円環少女 サークリットガール/長谷敏司

繋コンボレビュー
・ストーリーコンボ! 秘密の暴露と社会の変化。なお『円環』は10巻より。

紹介
メディア:小説。
ジャンル:現代ファンタジー、アクション、SF、ライトノベル。灼熱のウィザーズバトル。
エッセンス:魔法、剣と銃、差別、理不尽、複雑な勢力図、義務と倫理、タイムパラドックス。
:長谷敏司、KADOKAWA。
ストーリー:幾千の魔法世界が存在する中、唯一奇跡の力を拒絶する地球。それ故にこの世は「地獄」と呼ばれ忌み嫌われており、地球人類は「悪鬼」と蔑まれる。そんな世の中で、犯罪魔導師と闘う非公式公務員である青年と二人の訳あり少女達を中心に繰り広げられる闘いの物語。

こんな人におすすめ
・ヘビーな展開が好み。
・主人公に追い込まれて欲しい。
・矛盾に苦しむキャラクターが見たい。
・理不尽を切り抜ける展開が好み。
・一組織人の奮闘が見たい。
・科学っぽいモノが好き。空想科学、科学風魔術など。
・設定厨。

随筆メモ
・抜群の読み応え。練り上げられた魔法の形態、困難な試練の数々、根深い負の連鎖。
・個人的にダルいはずの三角関係が存在するが、登場人物達が可哀想過ぎてそんな些細な問題には構ってられない。むしろ、もっと色事に没頭してしまえ、と応援したくなる。
・ずっと抑えつけられ翻弄されてきた主人公が強力な武器を得て劣勢を覆す12巻のカタルシスが凄い。脳汁出る。
・サディスティック小学生天才魔導師ヒロイン 鴉木メイゼルのキャラクターとしての完成度の高さ。誇り高く強靭な精神を持つ所もさることながら、ここまでインモラルに嗜虐的な性癖を持つ少女キャラクターはこれまでいただろうか。
・エレオノール・ナガンと浅利ケイツがお気に入り。矛盾、葛藤。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『円環』に繋がる作品まとめ(to 円環)
>>>到点『円環少女 サークリットガール/長谷敏司』(円環少女をおすすめ)繋コンボ!
・『円環』から繋がる作品まとめ(from 円環)
>>>

図書館の魔女

繋コンボレビュー
・エッセンスコンボ! 情報リテラシー。視聴者のリテラシーの有無を問いかけてくる『ガチャクラ』に対し、『図書魔女』は圧巻の情報リテラシーを見せつけてくる作品。

ファン層が完全に重なる事はないと思うが、そんなに遠くもない気がする。

紹介
メディア:小説。
ジャンル:異世界政治。
エッセンス:ファンタジー?、思索、推理、外交、雑学系、手話。
制作:高田大介、講談社。
ストーリー:少年キリヒトは、「高い塔の魔女」マツリカに仕える事になる。権謀術数を巡らせ魔女と畏れられるその人は、声を持たない少女だった。

こんな人におすすめ
・活字愛好者
・頭を使う物語が読みたい
・雑学のある物語が読みたい
・知的なキャラクターが好み

随筆メモ
・活字中毒者垂涎の一作。緻密過ぎる文章が人を選ぶが、名著に違いはないと思うので推薦してみる。
・「魔女」という言葉が出るが、魔法が存在するわけではない。畏怖の対象という風な比喩的な意味合い。
・思索や推理、議論がメインコンテンツ。恋愛無し。戦いはあるにはあるがとても少ないため、アクション等の刺激が欲しい方は注意すべし。
・登場人物の誰もが一筋縄ではいかない感じで魅力的。
・言語や風俗、記録等から情報を読み解く過程が濃密で素晴らしいが、読み物として非常に重たい印象も与えられる。ストーリー自体はそこまで難解でなく取っ付き難くもないと思いたいが、読書に不慣れな方は注意。流し読む勇気!
・私は内容の半分も飲み込めていない気がするが、それでも面白い。
・皆さんがどんな感想を抱くのかは未知数。推薦者としてちょっとドキドキ。
・お試しの方には文庫版か電子書籍がおすすめ。単行本だと上下巻で600ページと800ページという素晴らしい厚みを誇るので、購入する際は注意。転じて、厚みに興奮する方には単行本がとてもおすすめ。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『図書魔女』に繋がる作品まとめ(to 図書魔女)
>>>到点『図書館の魔女/高田大介』(図書魔女をおすすめ)繋コンボ!
・『図書魔女』から繋がる作品まとめ(from 図書魔女)
>>>起点『図書館の魔女/高田大介』(⇒おすすめ)繋コンボ!


おわり。
皆様の充実した喜びを願って。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ガチャクラ』に繋がる作品まとめ(to ガチャクラ)
>>>到点『ガッチャマン クラウズ』(ガチャクラをおすすめ)繋コンボ!

タイトルとURLをコピーしました