起点『BLACK LAGOON ブラックラグーン』(⇒おすすめ)繋コンボ!

起点

『BLACK LAGOON ブラックラグーン』に触れた方へおすすめがしたい! つなコン

繋コンボとは

繋コンボ とは

つながりコンボ。略して つなコン。
既知の作品を入口として、新たな作品をおすすめする企画。
ジャンルの垣根を越える、越境比較レビュー。


 

面白かった!
さて、そろそろ寝るか。

今度友達に話そう!

などと言って、作品を息抜きや話の種にしか活用していないそこの貴方。
もったいないと思いませんか?
そこで生まれた興奮を、没頭を、満足感を、その場限りで収めてしまうなんて。

得られた感動を活かしたい。そう思った貴方に「繋コンボ」を提案させて下さい!

「強くてニューゲーム」ならぬ「面白くてニューワーク」。
何に繋がっても良し。漫画、小説、アニメ、映画、ゲーム、音楽、配信動画、書籍、論文、ドラマ、演劇、ドキュメンタリー、随筆、詩、写真、絵画等芸術作品……などなど。

感動の連鎖、および感動と学びの有機的連鎖を目指そう!
どんな繋がりに惹かれるか、自己分析に活かしてみても良し。

本コンボは管理人 よしやの主観が基であり、情報の正確さは保証できません。
反面、繋コンボの記事を見れば、コンボ作成者の嗜好や遍歴がある程度確認できます。
他の記事も是非お試しの上、参考にするべき発信者かどうか、ごゆっくりお確かめ下さい。

『ブラクラ』に触れた方へ、以下の作品をおすすめしたい! 起点コンボ

マージナル・オペレーション


繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ガンアクション。
・ストーリーコンボ! アウトロー。元日本のサラリーマンが外国で非合法の社会に身を投じる。なお傭兵。
・キャラクターコンボ! ロックがお気に入りの方に、『マジオペ』主人公 アラタがおすすめ。スーツ、頭脳労働、非合法業者。そんなキャラクターでありながら、時にバラライカが如き攻撃的な側面を見せる所も魅力。
・エッセンスコンボ! リアルとエンタメ。『ブラクラ』は、残酷さや卑俗さが目立つ描写や台詞、派手なアクションシーン、映画作品の引用等を魅力とする青年漫画。対する『マジオペ』は、軍事や人種、国際情勢の実態や問題を生々しく描くという点でリアルな作風ながら、主人公が正念場を巧みに潜り抜けていくストーリー展開においてはとてもエンタメなライトノベル。
・〃コンボ! 多人種。

『ブラクラ』がロックとレヴィのバディ主人公と言えるのに対し、『マジオペ』は基本一貫して主人公アラタの一人称。視点の違いから生まれる描写の差異も味わってみて欲しい。

紹介
メディア:小説、漫画。
ジャンル:ミリタリー、傭兵、子育て、旅、SF。
制作:原作小説/芝村裕吏、しずまよしのり(挿絵)、星海社FICTIONS。漫画/キムラダイスケ、講談社、アフタヌーンKC。
ストーリー:民間軍事会社に転職してしまったアラタ。オペレーターとしての訓練に励む中、彼は自分が指揮する少年兵達と出会う。

随筆メモ
・小説と漫画を既読。
・個人的には小説推し。情報量、テンポ、キャラクターデザイン、空気感を鑑みて。加えて、ジブリールにコスプレなんかをさせた漫画関係者達は罪深い……。
・独身男性の子育て奮闘記。なお少年兵。
・国際性豊か。それでいて穏やかな気性の日本人主人公の一人称視点であるため、日本人にとって読み難いという事は無いはず。
・しっかりエンタメ作品なのであまり気張る必要はないが、不意に訪れる悲劇には注意。戦争映画の人死さえキツいという方は読まない方がいいかも。
・架空の歴史が混ざってくるため、「歴史を学ぶ」という意図にはそぐわないだろうが、「歴史を作る」という事については割と考えさせられる物語。

こんな人におすすめ
・ミリタリーオタク
・アジアが好きな人(舞台の変遷:中央アジア→日本→東南アジア→東アジア)
・子供好き(人によっては読むときついかもしれないので注意)
・善意や正義に関わる葛藤やコンプレックスを持つ人



最前線/マージナル・オペレーションのページ


こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『マジオペ』に繋がる作品まとめ(to マジオペ)
>>>到点『マージナル・オペレーション』(マジオペをおすすめ)繋コンボ!
・『マジオペ』から繋がる作品まとめ(from マジオペ)
>>>起点『マージナル・オペレーション』(⇒おすすめ)繋コンボ!

ヨルムンガンド


繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ガンアクション。
・ストーリーコンボ! アウトロー。武器商人。
・エッセンスコンボ! 多人種。

『ブラクラ』から下品さを引いて鉄量を増やしたような印象。

幼女戦記


繋コンボレビュー
・キャラクターコンボ! バラライカがお気に入りの方に、『幼戦』主人公 ターニャをおすすめ。女傑、軍人、プロ、冷酷。なお幼女。
・エッセンスコンボ! 多人種。

紹介
メディア:ウェブ小説、書籍、漫画、アニメ。
ジャンル:ミリタリー、戦記、ファンタジー、生まれ変わり、すれ違いコメディ。
エッセンス:鉄と魔法、歴史、軍事と政治、信仰、ブラックユーモア、国際的多様性。
制作:原作小説/カルロ・ゼン。
ストーリー:死の間際に神らしき超常の存在と対面した男は、人類に対する怒りの八つ当たりを受けて過酷な世界に生まれ変わる。幼女として。歴史上類を見ない戦火が近付く世界で、少女は合理的判断として軍隊に入隊する。本書は、「ラインの悪魔」と呼ばれた少女(?)の戦いと苦悩の記録である。

随筆メモ
・ウェブ小説、書籍版、アニメを既見。
・逆タイトル詐欺。ヘビーな「戦記」要素が9割9分。「幼女」要素は、忘れた頃にニヤリとさせてくれる定番ギャグに過ぎない。いやしかし酷いタイトルだ。きっと存在Xの仕業に違いない。
・大枠としては主人公無双物とも見做せるが、頭空っぽでは読めない緻密な作品。でもしっかりエンタメ。
・いくら局地的勝利を重ねてもどんどん追い込まれていく主人公には同情せざるを得ない。
・原作ウェブ小説版でも既に大作だが、書籍版にて大幅な加筆修正あり。活字中毒者集合!
・書籍版のイラストが格好良い。表紙は少女の一人立ちイラストなのに、毎回素晴らしい迫力。
・タイトルと表紙に手を加えれば売り上げが跳ね上がりそう。表紙絵は素晴らしいのだが、少女の一枚絵はやはり男性読者にとって購入時のハードルが高い。ネット通販や電子書籍のある時代で良かった。

こんな人におすすめ
・ミリタリーオタク。
・世界大戦辺りの歴史マニア。
・ギャップ感を味わいたい方におすすめ。タイトルに反するヘビーミリタリー。
・主人公無双が好みの人。
・主人公に追い込まれて欲しい人。



アルカディア 作品ページ


こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『幼戦』に繋がる作品まとめ(to 幼戦)
>>>到点『幼女戦記』(幼女戦記をおすすめ)繋コンボ!
・『幼戦』から繋がる作品まとめ(from 幼戦)
>>>起点『幼女戦記』(⇒おすすめ)繋コンボ!

ジョン・ウィック


繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ガンアクション、バイオレンス、エンタメ系。
・ストーリーコンボ! アウトロー。殺し屋。

随筆メモ
・ヘッドショット祭り。
・爽快なアクション。それでいて案外ボロボロに負傷する主人公に好感。
・偶に見られる、銃弾のリロードの緊張感を描くシーンが何ともいぶし銀。


ザ・レイド


繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ガンアクション、バイオレンス。

随筆メモ
・主人公は警察特殊部隊。
・舞台はギャングが支配する高層ビル。薄暗く薄汚く、危険に満ちた風景。
・バイオレンスで濃密なアクションが魅力。


96時間


繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ガンアクション、エンタメ系。

元スパイ主人公。法やしがらみを置いてけぼりにして、全力で突っ走るお父さん。

0能者ミナト


繋コンボレビュー
・ストーリーコンボ! 依頼が舞い込むパターン。なお退魔師。

現代SFファンタジー。

薬屋のひとりごと


繋コンボレビュー
・ストーリーコンボ! 依頼が舞い込むパターン。なお侍女&薬師。

紹介
メディア:ウェブ小説、書籍、漫画。
ジャンル:推理物、雑学系、中華風異世界、短編シリーズ、少女漫画系、ライトノベル。
エッセンス:後宮、平民主人公、医学、マッドサイエンティスト系女子、娼館。
制作:原作ウェブ小説/日向夏。書籍/主婦の友社。漫画/ねこクラゲ、しのとうこ、スクウェア・エニックス、倉田三ノ路、小学館。
ストーリー:猫猫は人攫いによって、後宮へ下女として売り飛ばされた。元の暮らしに戻るため目立たぬ仕事振りをしていたが、ある日の何気ない善意を切っ掛けに貴人の目に留まってしまい……。官女が医療知識と機転を武器に事件を解決へ導く医療系ミステリー。

随筆メモ
・小説既読。
・主人公の少女が面白い。毒に興奮するマッドサイエンティスト。必要な場面でない限り女言葉は使わない。庶民の類ではあるが知的スペックが大分高い。特殊な環境で育ち達観している部分があるが、目上の人間に振り回されがち。類似したキャラクターが思い浮かばない。
・立場の移り変わりが大きく、続き物として飽き難い。



小説家になろう 作品ページ作家マイページ


こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『薬屋』に繋がる作品まとめ(to 薬屋)
>>>到点『薬屋のひとりごと』(薬屋のひとりごとをおすすめ)繋コンボ!
・『薬屋』から繋がる作品まとめ(from 薬屋)
>>>

三屋清左衛門残日録


繋コンボレビュー
・ストーリーコンボ! 依頼が舞い込むパターン。なお元用人の隠居。

紹介
メディア:小説(1992年)、テレビドラマ。
ジャンル:時代小説、連作短編。
制作:原作小説/藤沢周平、文藝春秋。テレビドラマ/山下智彦、北大路欣也。
ストーリー:用人の職を退き隠居を始めた三屋清左衛門に訪れる忙しない日々。知人の相談や懐かしい人との再会。時に老いに悩み、またある時は刀を握る。

随筆メモ
・文春文庫版を既読。
・引退爺に厄介事が舞い込むお話。
・ふと思い立ち、剣劇がメインでない時代物をほとんど初めて購読。後悔のない買い物。
・老いてなお生き方が健全な主人公が格好良い。
・所どころ用語は混じるが、文章は大分読み易い印象。
・非劇的でさり気なく、落ち着いた作品。

こんな人におすすめ
・連作短編であるため、時間がない人や長編が苦手な人におすすめ。
・老後に不安がある人。本作を読んで気力を奮い立たせよう!
・時代物の世俗の空気感に興味がある人。



こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『残日録』に繋がる作品まとめ(to 残日録)
>>>到点『三屋清左衛門残日録』(三屋残日録をおすすめ)繋コンボ!
・『残日録』から繋がる作品まとめ(from 残日録)
>>>起点『三屋清左衛門残日録』(⇒おすすめ)繋コンボ!


おわり。
皆様の充実した喜びを願って。

タイトルとURLをコピーしました