起点『龍盤七朝DRAGON BUSTER』(⇒おすすめ)繋コンボ!

起点
この記事は約10分で読めます。

『龍盤七朝DRAGON BUSTER』に触れた方へおすすめしたい! つながりコンボ!

辺境の老騎士

テーマコンボ! 人の生について考えさせてくれる。
演出コンボ! 戦闘描写が好みの方におすすめ。作品として寓話的な面が大きいのに、戦いも燃える展開。作者のバランス感覚に心の琴線が揺らされっぱなし。涼孤とヴェン・ウリルはどっちが上手?

メディアミックス:ウェブ小説、書籍、漫画。
ジャンル:ハイ・ファンタジー、旅、騎士、高齢、食、伝説。
原作小説:支援BIS、KADOKAWA/エンターブレイン。漫画:菊石森生、講談社。
ストーリー:老いた騎士は死に場所を探して旅に出る。相棒の馬を供に、珍しい風景や食べ物を巡る気侭な旅路。しかし、それは大いなる冒険の幕開けだった。

老いた騎士の生き様を見事に描き切った壮大な異世界ファンタジー。実は飯テロ。
旅路で見えてくる人の在り方や世界の神秘から、人の生について考えさせられる作品。
登場人物達にちゃんと生きている空気を感じる。
結末の充足感を思い返すだけでも胸が一杯になる。
小説の中では個人的に一押し。これほどの充足感を与えてくれた作品はそう無い。これほどの感動がネットで無料でも味わえる驚き。

小説家になろう 作品ページ作者のマイページ


こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『辺境の老騎士』に繋がる作品まとめ
>>>繋コンボ・到点『辺境の老騎士』 老騎士をおすすめ
・『辺境の老騎士』に触れた方へおすすめしたい作品まとめ
>>>繋コンボ・起点『辺境の老騎士』 ⇒おすすめ

ストレンヂア 無皇刃譚

演出コンボ! 戦闘描写が好みの方におすすめ。美しいアクション。侍 対 明の武装集団。

アニメ映画。
ジャンル:時代劇、剣劇。
制作:ボンズ、安藤真裕、長瀬智也(TOKIO)、山寺宏一。
ストーリー:刀を封じた侍「名無し」は謎めいた少年と出会い、少年を狙う追手と衝突する。少年を巡り、名無しは望まぬ争いに巻き込まれていく。

映像クオリティが高いだけに、ストーリーやアクションに少々の物足りなさを感じてしまう。いつか加筆してリメイクされて欲しい。
ラストバトルが濃密で息を呑む。

精霊の守り人

ジャンルコンボ! 貴種流離譚。
世界観コンボ! アジア風異世界。
演出コンボ! 戦闘描写が好みの方におすすめ。美しいアクション。

メディアミックス:小説、漫画、アニメ、実写ドラマ。
ジャンル:ファンタジー、貴種流離譚、児童小説。
エッセンス:30代女性主人公、用心棒、子連れ、アジア風異世界、異界。
原作小説:上橋菜穂子、偕成社、新潮社。漫画:藤原カムイ、スクウェア・エニックス。アニメ:プロダクション・アイジー、神山健治。実写ドラマ:NHK。
ストーリー:女用心棒バルサは、川に流された皇子チャグムを救出すると、その母よりチャグムを連れて逃げるよう依頼される。彼の中には建国伝説にある水妖が宿っており、父たる皇帝から命を狙われているのだという。二人は追手から身を隠しつつ、水妖の謎を追う。

小説とアニメを既見。
数が少ない印象のアジアなファンタジーとして貴重な作品。
アニメが見事。アクションが激しい。6話くらい原作にないオリジナルストーリーが入っているが、違和感が無い。
アニメのクオリティに興奮して、かつて読んだ小説も再読。『闇の守り人』が一番好きなのだが、アニメ化してくれないだろうか。
中学生時代、ファンタジーを求めて図書室を漁っていた中で一番印象深い物語。

薬屋のひとりごと

世界観コンボ! 中華風異世界。

メディアミックス:ウェブ小説、書籍、漫画。
ジャンル:推理物、雑学系、中華風異世界、少女漫画系、ライトノベル。
エッセンス:後宮、平民主人公、医学、マッドサイエンティスト系女子、娼館。
原作ウェブ小説:日向夏。書籍:主婦の友社。漫画:ねこクラゲ、しのとうこ、スクウェア・エニックス。倉田三ノ路、小学館。
ストーリー:猫猫は人攫いによって後宮へ下女として売り飛ばされた。元の暮らしに戻るため目立たぬ仕事振りをしていたが、ある日の何気ない善意を切っ掛けに貴人の目に留まってしまい……。

マッドサイエンティストな女主人公が面白い。毒に興奮する異常者。庶民の類ではあるが大分スペックが高い。類似したキャラクターが思い浮かばない。

小説家になろう 作品ページ作家マイページ

図書館の魔女

おまけコンボ! ドラバスの作風や涼孤のキャラクターが好きな方は、キリヒトも好きになれるのでは? 鋭敏な感覚を持つ使用人。

小説。
ジャンル:異世界政治ファンタジー。
エッセンス:思索、推理、外交、雑学系、手話。
著:高田大介、講談社。
ストーリー:少年キリヒトは、「高い塔の魔女」マツリカに仕える事になる。権謀術数を巡らせ魔女と畏れられる彼女は、声を持たない少女だった。

活字中毒者垂涎の一作。
緻密過ぎる文章が人を選ぶが、名著に違いはないと思うので推薦してみる。
お試しの方には文庫版か電子書籍をおすすめ。単行本だと上下巻で600ページと800ページという素晴らしい厚みを誇るので、購入する際は注意。
登場人物の誰もが一筋縄ではいかない感じ。
私は内容の半分も飲み込めていない気がするが、面白い。
他人はどんな感想を持つのか、未知数で何だかドキドキする。



おわり。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ドラバス』に繋がる作品まとめ(to ドラバス)
>>>到点『龍盤七朝DRAGON BUSTER』(ドラバスをおすすめ)繋コンボ!

タイトルとURLをコピーしました