繋コンボ・起点『本好きの下剋上』 ⇒おすすめ

起点
この記事は約11分で読めます。

『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』に触れた方へおすすめ! つながりコンボ!

小説家になろう 作品ページ作家マイページ

小説面白かった! さて、用事を片付けるか。

と言って気持ちを切り替えてしまっているそこの貴方。もったいないと思いませんか? 貴方が得た感動は貴方だけの物で、貴方の個性の発露と言っていいはずなのに、その自然と浮き上った感情を注視する事無く気を逸らしてしまう生活は果たして健全な物なのでしょうか。

 感動を理解し、活かす生活をしていきたい。そんな方に「繋コンボ」を提案します!

随筆メモ

本作が好きだという人の中で、読書嫌いを主張したい人はまずいないものと予想される。仮にここまで読書を避けてきた人でも、本の価値を再確認してみたいという意欲が湧いているはず。
よって『本好き』起点の繋コンボは非常に楽。いや楽過ぎる。
自由度が高過ぎ。「マインに読ませたい!」とでも言えばどんなジャンルでもコンボが作れる。本記事において「マインに読ませたい!」という繋レビューがあったら、単純に私の好みかもしれないので注意して下さい。
本以外の媒体にはその自由度は適用されないかも。

以下の作品をおすすめ!

図書館の魔女

テーマコンボ! 情報を尊ぶ方におすすめ。白熱する情報戦。推理が熱い。言語や風俗、記録等から必要な情報を読み解く過程が濃密過ぎて、この本自体が非常に重い読み物と化している。ストーリー自体はそこまで難解じゃないため、取っ付き難くはないはず。
 ジャンルコンボ! 政治(内政・外交)。政治の比重や情報の濃度は『図書館の魔女』の方が圧倒的に上と感じる。
 キャラクターコンボ! 『本好きの下剋上』の主人公マインは脆弱な体がハンデとなっているが、対して『図書館の魔女』のヒロイン・マツリカは発声障害である。重すぎるハンデを抱えて強く生きる人物は美しい。
 大長編である『本好きの下剋上』が読める人なら、文字通り重厚な『図書館の魔女』も読めるはず。頑張れ!

狼と香辛料

世界観コンボ! 社会構造の緻密な描写。『本好きの下剋上』の主人公マインは自身の立場が推移することで様々な階級の事情に触れるが、『狼と香辛料』の主人公は行商人であるが故に、外野の視点で様々な立場を解釈できる。
 キャラクターコンボ! 商人ベンノが好きな人に主人公クラフト・ロレンスをおすすめ。計算高いけど善人で苦労性。色んな意味で水の女神も居るからお揃い!

薬屋のひとりごと

ストーリーコンボ! 知識で問題解決、しかし偉い地位の人間に目を付けられて……。立場の移り変わりが多い所も『本好き』と同様。
キャラクターコンボ! 本狂いのマインがお気に入りの方に、マッドサイエンティストな主人公猫猫をおすすめ。毒に興奮する異常者。
フェルディナンドがお気に入りの方に、壬氏をおすすめ。ひねくれ美青年。

小説家になろう 作品ページ作家マイページ

辺境の老騎士

世界観コンボ! 騎士や貴族、職人、亜人種など、立場による細かい事情の描写が多い。

メディアミックス:ウェブ小説、書籍、漫画。
ファンタジー、旅、騎士、高齢、食、伝説。
老いた騎士の生き様を見事に描き切った壮大な異世界ファンタジー。実は飯テロ。
旅路で見えてくる人の在り方や世界の神秘から、人の生について考えさせられる作品。
登場人物達にちゃんと生きている空気を感じる。
小説の中では個人的に一押し。これほどの充足感を与えてくれた作品はそう無い。これほどの感動がネットで無料でも味わえる驚き。
戦争編は読み応えが少々重く感じたので注意して頂きたいが、ぜひとも結末まで読み切って欲しい。

小説家になろう 作品ページ作者のマイページ

 

 
こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『辺境の老騎士』に繋がる作品まとめ
>>> 繋コンボ・到点『辺境の老騎士』 老騎士をおすすめ
・『辺境の老騎士』に触れた方へおすすめしたい作品まとめ
>>> 繋コンボ・起点『辺境の老騎士』 ⇒おすすめ

デルフィニア戦記

世界観コンボ! 貴族など、立場による細かい事情の描写が多い。
キャラクターコンボ! 登場人物のほとんどが魅力的に描かれるため、フェルディナンドのようなキャラクターが好きな人におすすめ。

メンタリストDaiGo ニコニコ動画&YouTube

おまけコンボ! 現代の読書家の星。
紹介された本を7冊くらい購読したが、今の所大きなハズレがない。
ワンチャン麗乃みたいに本に埋もれて死んでしまいそうな所にも要注目。

ニコニコチャンネル『メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」』

タイトルとURLをコピーしました