起点『図書館の魔女/高田大介』(⇒おすすめ)繋コンボ!

起点
この記事は約22分で読めます。

面白かった!
さて、……次は何を見たら良いだろう?

お悩みの貴方に「繋コンボ」を提案させて下さい!


繋コンボ とは

つながりコンボ。略して つなコン。
既知の作品を入口として、新たな作品をおすすめする企画。
ジャンルの垣根を越える、越境比較レビュー。


既知の作品を道標にして、未知の作品を探す時間と気力と労力を削減しましょう。
また、好きな物を起点として関連を意識すれば、好奇心やモチベーションを持ち越しできるかも!

※本コンボは管理人 よしやの主観が基であり、情報の正確さは保証できません。
反面、よしやと趣味が合う方にはさらに沢山のおすすめができるはず! 他の記事も是非お試し下さい。
また、繋コンボの記事を見れば、コンボ作成者の嗜好や遍歴がある程度確認できます。参考にするべき発信者かどうか、ごゆっくりお確かめ下さい。

以下より本題です。

 

『図書館の魔女』に触れた方へおすすめがしたい!

 

『図書館の魔女』に触れた方へ、以下の作品がおすすめ!

辺境の老騎士

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ハイファンタジー。

紹介
・メディア:ウェブ小説、書籍、漫画。
・ジャンル:ハイ・ファンタジー、短編シリーズ。
・エッセンス:旅、騎士、高齢、食、伝説。
・制作:原作ウェブ小説/支援BIS。書籍/支援BIS、KADOKAWA/エンターブレイン。漫画/菊石森生、講談社。
・ストーリー:老いた騎士は死に場所を探して旅に出る。相棒の馬を供に、珍しい風景や食べ物を巡る気侭な旅路。しかし、それは大いなる冒険の幕開けだった。

随筆メモ
・老いた騎士の生き様を見事に描き切った壮大な異世界ファンタジー。実は飯テロ。
・旅路で見えてくる人の在り方や世界の神秘から、人の生について考えさせられる作品。
・登場人物が魅力的に尽きる。主要人物以外にもちゃんと生きている空気を感じる。
・着眼点が細やか。その上過不足をほとんど感じない。
・読む際の難点がほとんど思い付かない。
・結末の充足感を思い返すだけでも胸が一杯になる。
・小説の中では個人的に一押し。これほどの充足感を与えてくれた作品はそう無い。これほどの感動がネットで無料でも味わえる驚き。


小説家になろう 作品ページ作者のマイページ
カクヨム 作品ページ作者ページ

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『辺境の老騎士』に繋がる作品まとめ
>>> 繋コンボ・到点『辺境の老騎士』 老騎士をおすすめ
・『辺境の老騎士』に触れた方へおすすめしたい作品まとめ
>>> 繋コンボ・起点『辺境の老騎士』 ⇒おすすめ

龍盤七朝DRAGON BUSTER/秋山瑞人

繋コンボレビュー
・作風コンボ! 設定が緻密なファンタジー。
・演出コンボ! 戦闘描写が好みの方におすすめ。武術を文章にするとこんな風にできるのか、と圧倒される。

紹介
・メディア:小説。
・ジャンル:中華風ファンタジー、アクション、功夫、剣劇、貴種流離譚、ボーイミーツガール。ライトノベル。
・著:秋山瑞人、アスキー・メディアワークス(電撃文庫)。
・ストーリー:被差別民族の末裔 涼孤と第十八皇女 月華の出会いに端を発する物語。

随筆メモ
・書店にて格好良いような陳腐なようなタイトルが気になり手に取ったのが出会い。未だに己の幸運と好奇心に感謝する。
・糞まみれの女剣士が暴れ回る幕開けが鮮烈。
・人の才能が開花する瞬間が鳥肌物。
・カンフーを功夫と漢字で呼びたい重厚な世界観。功夫という文化の土台としての奥深さを感じた。
・続巻を待って幾星霜。2020年現時点で、2巻の発売からもう8年になりました。遅筆で有名な作家さんだそうですが、さすがに……、いや、私は諦めない。が、なぜ自分ばかりこんな想いをしなければならないのか。道連れを増やしたいので拡散希望。未完ながらおすすめである事は間違いない。
・個人的には『ハンター×ハンター』や『ベルセルク』より憎い作品。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『龍盤七朝DRAGON BUSTER』に繋がる作品まとめ(to ドラバス)
>>>繋コンボ・到点『龍盤七朝DRAGON BUSTER』 ~ドラバスをおすすめ~
・『龍盤七朝DRAGON BUSTER』から繋がる作品まとめ(from ドラバス)
>>>繋コンボ・起点『龍盤七朝DRAGON BUSTER』 ⇒おすすめ

信長の庶子/壬生一郎

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! 政治。
・ストーリーコンボ! 議論、論戦、情報リテラシー。

紹介
・メディア:ウェブ小説、書籍。
・ジャンル:歴史改変、日本史、政治、戦争、一代記。
・著:壬生一郎。書籍:宙出版。
・ストーリー:織田信長の長男でありながら嫡子でない存在 帯刀。狐と呼ばれる母を持つ彼を中心に、歴史の流れが変わっていく。

随筆メモ
・原作既読。
・歴史考証の跡が細やかで、主人公の身の回りを除く歴史改変に途中までほとんど気付かなかった。京都の言論合戦の時点でようやく大きな改編に気付く。
・歴史改変物でありつつその時代の空気感が全く損なわれていない素晴らしいバランス感覚。
・各話タイトルのセンスがしばしば好み。「スーパー木下ブラザーズ弟」「若いキツネと三十路の狸」「室町小路口撃戦」など。

小説家になろう作品ページ作家マイページ

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『信長の庶子』から繋がる作品まとめ(from 庶子)
>>>繋コンボ・起点『信長の庶子』 ⇒おすすめ

幼女戦記

繋コンボレビュー
・ストーリーコンボ! 政治。議論、論戦、情報リテラシー。

なお泥沼の戦記物。

紹介
・メディア:ウェブ小説、書籍、漫画、アニメ。
・ジャンル:ミリタリー、戦記、ファンタジー、生まれ変わり、すれ違いコメディ。
・エッセンス:鉄と魔法、歴史、軍事と政治、信仰、ブラックユーモア、国際的多様性。
・制作:原作小説/カルロ・ゼン。
・ストーリー:死の間際に神らしき超常の存在と対面した男は、人類に対する怒りの八つ当たりを受けて過酷な世界に生まれ変わる。幼女として。歴史上類を見ない戦火が近付く世界で、少女は合理的判断として軍隊に入隊する。本書は、「ラインの悪魔」と呼ばれた少女(?)の戦いと苦悩の記録である。

随筆メモ
・ウェブ小説、書籍版、アニメを既見。
・逆タイトル詐欺。ヘビーな「戦記」要素が9割9分。「幼女」要素は、忘れた頃にニヤリとさせてくれる定番ギャグに過ぎない。いやしかし酷いタイトルだ。きっと存在Xの仕業に違いない。
・大枠としては主人公無双物とも見做せるが、頭空っぽでは読めない緻密な作品。でもしっかりエンタメ。
・いくら局地的勝利を重ねてもどんどん追い込まれていく主人公には同情せざるを得ない。
・原作ウェブ小説版でも既に大作だが、書籍版にて大幅な加筆修正あり。活字中毒者集合!
・書籍版のイラストが格好良い。表紙は少女の一人立ちイラストなのに、毎回素晴らしい迫力。
・タイトルと表紙に手を加えれば売り上げが跳ね上がりそう。表紙絵は素晴らしいのだが、少女の一枚絵はやはり男性読者にとって購入時のハードルが高い。ネット通販や電子書籍のある時代で良かった。

アルカディア 作品ページ

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『幼戦』に繋がる作品まとめ(to 幼戦)
>>>到点『幼女戦記』(幼女戦記をおすすめ)繋コンボ!
・『幼戦』から繋がる作品まとめ(from 幼戦)
>>>起点『幼女戦記』(⇒おすすめ)繋コンボ!

ガッチャマン クラウズ

繋コンボレビュー
・エッセンスコンボ! 情報リテラシー。圧巻の情報リテラシーを見せつける『図書魔女』に対し、『ガチャクラ』は視聴者のリテラシーの有無を問いかける作品。

ファン層が完全に重なる事はないと思うが、そんなに遠くもない気がする。
アートスタイルで好みの差は出るかも。いや、『図書魔女』にない持ち味として楽しんで欲しい。

紹介
・メディア:アニメ、小説。
・ジャンル:ヒーロー、宇宙人、社会、倒叙物。
・エッセンス:ヒーロー物のアンチテーゼ、ネットリテラシー。
・アニメ:中村健治、タツノコプロ。小説:大野敏哉、一迅社。
・ストーリー:SNS「GALAX」が普及した社会。都市伝説のヒーロー「ガッチャマン」として突如任命された少女は、自由奔放な発想で仲間達と社会に新風を巻き起こす。

随筆メモ
・ヒーロー物でありながら、闘いよりも人々の思想に焦点を当てる社会風刺アニメ。倫理観や情報リテラシー等を問われる。
・ヒーローの存在や現代的で色彩豊かなデザインが際立つ中で社会的なテーマが描かれており、ギャップ感があって面白い。いや、ヒーロー物として倫理や社会が描かれたり、現代アートチックなデザインが思想の表現に活かされたりしているのだから、むしろ正道な作品?
・社会風刺など他の作品でも沢山描かれてそうだが、自分はあまり触れた覚えが無いのでとても新鮮に感じられた。
・痒い所に手が届いた感じだが、しばしば我が身を省みる事になるので、痛気持ち良いような心地の作品。
・珠玉の名作、と言えるかどうかは分からないが、記憶が埋もれてしまうのは惜しい作品に思える。
・1クール通して一貫した問題に取り組むストーリー構成。記憶や読解が苦手な方は一気見がおすすめ。
・音楽も好き。OP曲で視聴を決めた。


こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『ガチャクラ』に繋がる作品まとめ(to ガチャクラ)
>>>到点『ガッチャマン クラウズ』(ガチャクラをおすすめ)繋コンボ!
・『ガチャクラ』から繋がる作品まとめ(from ガチャクラ)
>>>

狼と香辛料


繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ハイファンタジー。

紹介
・メディア:小説、アニメ、漫画、ゲーム。
・ジャンル:経済ファンタジー。
・エッセンス:行商、伝説、謎解き、恋愛、旅、バディ。
・原作小説:支倉凍砂、アスキー・メディアワークス。アニメ:イマジン、高橋丈夫。
・ストーリー:旅の行商人ロレンスは、狼の耳と尻尾を持つ少女 ホロと出会う。友人との約束により数百年の間豊作を司る神としてその土地を見守っていたホロは、帰郷を望みロレンスと旅路を共にする。お金や宗教に関わる事件の数々に巻き込まれつつ、二人は北を目指す。

随筆メモ
・小説とアニメ既見。
・中世西洋風世界をリアリティたっぷりに描く行商ファンタジー。ファンタジーを好む方には是非お薦めしてみたい。
・行商人ロレンスと賢狼ホロの旅路を描く、唯一無二の物語。
・ヒロインの花魁言葉が非常に個性的。

映像研には手を出すな!

繋コンボレビュー
・ストーリーコンボ! 議論、論戦、情報リテラシー。金森さやかに注目。

紹介
・メディア:漫画、アニメ、実写ドラマ、実写映画
・ジャンル:アニメ制作、青年漫画。
・エッセンス:高校、部活、創部、トリオ、クリエイター、プロデュース、演説、近未来。
・原作漫画:大童澄瞳、小学館。アニメ:サイエンスSARU、湯浅政明。
・ストーリー:アニメが作りたい浅草と金儲けが好きな金森は、読者モデルでアニメーター志望の水崎と出会う。三人は映像研究同好会を立ち上げ、「最強の世界」を目指す。

随筆メモ
・アニメ視聴。
・想像性と創造性が豊か。リアリティまでたっぷり。
・こだわりの発露が多め。
・ここまで自分達の好奇心や想像力・知識を活かせたなら、人生が大分楽しかろう。
・主要人物三人がみんな魅力的で、優劣付け難い。
・三人とも女子っぽくないので、性差を気にせず楽しめる。たしか、作者はスカートを描くのが楽だからという理由で女子にしたはず。
・「公立ダンジョン」な学校のデザインや生徒の多様性が素晴らしい。



こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『映像研』に繋がる作品まとめ(to 映像研)
>>>到点『映像研には手を出すな!』(映像研をおすすめ)繋コンボ!
・『映像研』から繋がる作品まとめ(from 映像研)
>>>起点『映像研には手を出すな!』(⇒おすすめ)繋コンボ!

精霊の守り人

繋コンボレビュー
・ジャンルコンボ! ハイファンタジー。

紹介
・メディア:小説、漫画、アニメ、実写ドラマ。
・ジャンル:アジア風ファンタジー、貴種流離譚、児童小説。
・エッセンス:30代女性主人公、剣と呪い、用心棒、逃避行、子連れ、異界、伝承。
・制作:原作小説/上橋菜穂子、偕成社、新潮社。漫画/藤原カムイ、スクウェア・エニックス。アニメ/プロダクション・アイジー、神山健治。実写ドラマ:NHK。
・ストーリー:女用心棒バルサは川に流された皇子チャグムを救出した。屋敷に招かれたバルサは、皇妃からチャグムの身柄を託されてしまう。彼の中には建国伝説にある水妖が宿り、父たる皇帝から命を狙われているのだという。二人は追手から身を隠しつつ、水妖の謎を追う。

随筆メモ
・小説とアニメを既見。
・中学生時代、ファンタジーを求めて学校の図書室を漁り見つけた作品。
・一応児童文庫の枠に入るらしいが、子供っぽい感じはない。
・アニメが見事。アクションが激しい。6話くらい原作にないオリジナルストーリーが入っているが、違和感が無くて素晴らしい。初めてアニメオリジナルを受け容れられた。
・アニメのクオリティに興奮して、かつて読んだ小説も再読。第二作『闇の守り人』が一番好きなのだが、映像化してくれないだろうか。槍舞いが見たい。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『守り人』に繋がる作品まとめ(to 守り人)
>>>
・『守り人』から繋がる作品まとめ(from 守り人)
>>>起点『精霊の守り人』(⇒おすすめ)繋コンボ!

鬼滅の刃

繋コンボレビュー
・キャラクターコンボ! キリヒトのように感覚が異様に鋭いキャラクターがちらほら。

紹介
・メディア:漫画、アニメ。
・ジャンル:少年漫画、剣劇、時代劇、伝奇、ダークファンタジー。
・エッセンス:勧善懲悪。
・原作漫画:吾峠呼世晴、集英社。アニメ:ufotable、外崎春雄、梶浦由記、椎名豪。
・ストーリー:時は大正時代。「鬼」と呼ばれる人喰いの怪物が存在する世界。炭治郎は家族を鬼に惨殺され、一人生き残った妹は鬼と化してしまう。妹を人間に戻すべく、炭治郎は鬼と戦う組織「鬼殺隊」に加わる。

随筆メモ
・漫画とアニメを既見。
・アニメの映像が美しい。個人的には、アニメから入ると漫画も没入し易いのではないかと思う。
・主人公の善意や情熱が眩しく、仲間達にも好ましいキャラクターが多い。
・戦闘中の心理描写があまりクドく感じない。
・アニメOP曲『紅蓮華/LiSA』が好き。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『鬼滅』から繋がる作品まとめ(from 鬼滅)
>>>繋コンボ・起点『鬼滅の刃』 ⇒おすすめ


おわり。
皆様の充実した喜びを願って。

こちらの記事も是非ご覧下さい!
・『図書魔女』に繋がる作品まとめ(to 図書魔女)
>>>到点『図書館の魔女』(図書魔女をおすすめ)繋コンボ!

タイトルとURLをコピーしました